たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
2017年TVアニメ話数単位10選(不完全版)
延び延びになっていた「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」、今更感たっぷりですが一応ギリギリ年度内ということでこっそり更新です(小声^^;)
選定自体は年明け早々くらいには固まっていたはずなのに、どうしてこうなったのか;;

ともあれ、去年1年間に視聴したTVアニメから1話ごとのエピソード単位でお気に入りを選びました(選定基準↓)

・2017年に放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。
ブログで感想を書いた回から選定。

感想を書けなかった回にも良かった話は沢山あるので、ゆえに「不完全版」ということになります(^^;)
以下ネタバレはありませんが、関連リンクの感想記事はネタバレ有りですのでご注意下さい<(_ _)>
2017年アニメ総合評価
2月も気がつけば中旬…というか後半;
今更なタイミングですが、去年1年のアニメ振り返りです(^^;)

「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさんが毎年開催されている「アニメアウォーズ」に今回も参加させて頂きます。旬を逃した大遅刻で申し訳ありません<(_ _)>
“去年1年間に放送されたアニメ”を対象に、作品部門(最優秀作品、特別賞)、キャラ部門(男女)、主題歌部門(OPとED。映像込み)の3部門を主観100%で表彰します。

年をまたいで放送中または未完の作品については、作品部門では対象外(完結後に評価)、その他では対象内(現時点での評価)という扱いです。
(なお、各コメントにネタばらしはありません
2016年アニメ総合評価
今年は1月中に…と思っていたんですが(^^;)
2017年の10分の1くらいが既に経過しちゃってますが、去年1年のアニメ振り返りです。「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさん主催の「アニメアウォーズ」に今回も参加させて頂きます!
当ブログは5回目の参加です(2012年2013年2014年2015年

コンセプトは“去年1年間に放送されたアニメ”を対象に主観100%の表彰。テーマは以下の3部門になります。

作品部門(最優秀作品、特別賞)
キャラ部門(男女それぞれ)
主題歌部門(映像込みの評価。OPとEDで1曲ずつ)

年をまたいで放送中の作品未完作品の扱いは、作品部門では対象外(完結後に評価)、その他の部門では対象内(現時点での評価)としております。
ネタばらしはありませんので、お気軽にどうぞ♪
2016年TVアニメ話数単位10選(不完全版)
「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」、またしても年内更新には間に合いませんでしたが今回もまとめてみます。
1年間で視聴したTVアニメから1話単位のエピソードでのお気に入りを選んだものです。

・2016年に放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。
ブログで感想を書いた回から選定。

4つ目の赤文字は当ブログ独自の選定基準です。
感想を書けなかった中にも思い入れのある話は沢山ありますが、そこは割り切って「不完全版」で(^^;)
2016年はアニメ感想が激減してしまった1年でしたので、今年はどんどん書きたい!

以下ネタバレはありませんが、関連エントリーの感想記事はネタバレ有りです。ご注意下さい<(_ _)>
アニメマイベストエピソード「選外」10選
先日慌ただしく(締切ギリギリで;)アップした「アニメマイベストエピソード」の企画記事で、諸般の事情により10選に入れなかった話を書き連ねておく…という未練がましい記事です(^^;)

とはいえ、迷った末に選外としたエピソードを“敗者復活”的に掘り起こすのは逆に失礼というか見苦しいというか…
なので、ここで挙げるのは「内容以外の理由で選外としたもの」に限ります。大好きな話だけど選べなかった“裏10選”です(^^)
(本来の10選記事と同様、ネタバレはありません
アニメマイベストエピソード10選
「物理的領域の因果的閉包性」のぎけんさんが企画されているマイベストエピソード企画に滑り込みで参加です(8月31日締切^^;)

アニメ(映画除く)の話数単位でお気に入りを選ぶ、というこの企画。
コンセプトは「作品としてはベストに選ばないけど好きな話数」とのことです(1作品につき1話)
この「作品としてはベストに選ばないけど」の部分を最初見落としてまして、これだと以前インタビュー企画で挙げさせて頂いた「好きなアニメ作品」をなぞるようなラインナップになってしまうと気づき、慌てて選び直しましたw

コンセプトは柔軟に捉え直して構わないようなので、自分は「この1話だけ観ても楽しめる」という観点を念頭に選んでみました。
インパクト重視で選ぶと最終回ばかりが並んだ10選になってしまいそうだったので、「それまでのエピソードの積み上げがあってこそ」という話は極力外す方向で…(^^;)

ともあれ、気楽に選びましたv
ネタバレはありませんので気楽にお読み下さい(^^)
2015年アニメ総合評価
「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさんが例年開催されている「アニメアウォーズ」に今回も参加させて頂きます(^^)
…って、もう2月ですが;

『蒼穹のファフナーEXODUS』をまだ観終えてませんが、これ以上は流石に出遅れ感が半端ないので(手遅れ?^^;)、見切り発車ではありますが1月半遅れの2015年振り返りを…
“去年1年間に放送されたアニメ”が対象の主観100%の表彰ですv

今回で通算9回目になるというこの企画。
当ブログもかれこれ4回目の参加です(2012年2013年2014年

企画の内容を簡単に説明すると、テーマは以下の3部門です。

作品部門(最優秀作品、特別賞)
キャラ部門(男女それぞれ)
主題歌部門(映像込みの評価。OPとEDで1曲ずつ)

年をまたいで放送中の作品未完作品については、作品部門では対象外(完結してから評価)、その他の部門では対象内(現時点での評価)とします。
まぁ「評価」なんて大仰な表現を使ってはいますが、要するに去年のTVアニメを振り返ってお気に入りの作品・キャラ・主題歌を選ぶ。それだけです(^^)
なお、ネタばらしはありません。お気軽にご覧下さい<(_ _)>
2015年TVアニメ話数単位10選(不完全版)
新年2本目の更新は、「話数単位で選ぶ、TVアニメ10選」
まだまだ去年の話題が続きますw

1年間に視聴したTVアニメを各話のエピソード単位で振り返る、というこの企画。
以前から存在は知っていましたが、2015年は例年以上に大勢のアニメ感想系ブロガーさんが参加されていたという印象です。

自分も便乗したいところでしたが、何しろ選出の対象が膨大…
作品ごとのベストエピソードを選ぶだけでも結構な作業ですし、1年分となると作品数もスゴいことになりますし、選んだら選んだで「漏れがあったら…」という不安も(^^;)
そもそも視聴が遅れて最後まで観れてない作品も多いということで、2015年分は“不完全版”を簡単にまとめてみました。

・2015年に放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。
ブログで感想を書いた回から選定。

共通の選定基準に独自ルール(赤文字)を追加。
今回は簡易バージョンということで、シンプルに割り切って選出対象を絞ります(^^;)

以下コメントにネタバレはありませんが、関連エントリーの視聴当時の感想記事はネタバレ有りです。ご注意下さい<(_ _)>
2014年アニメ総合評価
前期アニメも観終わったので、2014年を振り返っての総括を…
今回も「おちゃつのちょっとマイルドなblog」のおちゃつさんの主催企画「2014年アニメアウォーズ」に参加させて頂く形で、“去年1年間に放送されたアニメ”を対象に主観100%の表彰をしたいと思いますv

 過去の参加→ 2012年2013年

選考を行うのは以下の3部門。

作品部門(最優秀作品と特別賞)
キャラ部門(男女1人ずつ)
主題歌部門(映像込みの評価。OPとEDで1曲ずつ)

年をまたいで放送中の作品未完作品の扱いは、作品部門では対象外、その他の部門では対象内とします。
以下ネタばらしはありませんので、お気軽にご覧下さい(^^)
2013年12月終了アニメ評価
流石に丸1年遅れはイカんでしょw
…ということで、久し振り過ぎるクールごとのアニメ評価です(^^;)

去年9月終了分を最後に止まっていましたこのコンテンツ。
締切が無いとどれだけでも後回しにしてしまうダメな自分に呆れつつ、去年の12月終了分の総括を…

形式についてはこれまで通り「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロさんの企画(前回の参加要項はこちら)に準拠。
久し振りですので一通り説明しますと、まず評価対象は「2013年12月終了のTVアニメの中でtaraが全話視聴したもの」です。
「全話視聴」は特に指定されていない条件ですが、「たらさいと」ではそういうルールでこれまでやってきました。やっぱり全部観るまでは作品の評価ってできないと思うので…(^^;)

評価項目は「ストーリー」「キャラクター性」「」「演出」「音楽」「総合的な評価(満足度)」の6つ。各項目0~5点の6段階評価です。

ストーリー…脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。
キャラクター性…キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。
…キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。
演出…声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。
音楽…OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。
総合的な評価…この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。

採点は↓の指標に基づきますが、まぁ詰まるところは主観です(^^;)

 5点:とても良い
 4点:良い
 3点:普通(及第点)
 2点:惜しい。何かが足りないレベル
 1点:悪い
 0点:かなり悪い


各作品の評価とは別に、ベストキャラクター賞ベストOP・ED賞ベスト声優賞(男女一人ずつ)の各賞も独断と偏見で選ばせて頂いています。

ルール説明はこんなところで。
内容のネタばらしはありませんので、お気軽にご覧下さい(^^)

今回の評価対象は10本。これを「意外と少ない」と感じる今の自分の感覚が多分おかしい…(^^;)
なかなかの良作揃いのラインナップで、『キルラキル』『凪のあすから』の前半クールもこの時期だったことを考えると、何とも充実していたんだな~と改めて実感できます(^^)