たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『あまねあたためる』最終話(チャンピオン39号)
先週に続いて佐渡川先生の遺稿が掲載された今週のチャンピオン。
『あまねあたためる』最終話です。

折しも連載作品の改編期。今週号での終了が当初からの予定通りだったのかどうかは不明ですが、それ以上は憶測の域に踏み込んでしまうので考えないことにします。
ただ、いずれにしても今週で『あまね』が終わるという事実は動かせませんし、そういう思いで読んだこともあってなのか今週の話は最終話として読むこともできる内容だったように感じます。

気懸かりだった単行本も、未収録全話を収録した第3巻が11月刊行。最終巻は通常の1.5倍くらいのボリュームになりそうですね。

ここからはギアをいつもの『あまね』読者モードに切り替えて、明るく楽しく最終話の感想行ってみたいと思います(^^)
最後まで笑わせてくれた佐渡川先生と『あまねあたためる』に感謝!
漫画感想 『あまねあたためる』第38話(チャンピオン38号)
佐渡川先生の急逝により、遺稿の2話を残すのみとなってしまいました『あまねあたためる』
遺稿は予定通り順次掲載されるとのことで、ご遺族と編集部の判断に読者として感謝したいです。

巻末の作者コメントの掲載についても判断が難しいところだったと思いますが、佐渡川先生が残された文章に触れられるのは(たとえそれが変哲もない一文でも)嬉しいですよね。
訃報と追悼コメント以外は何から何までいつも通りのチャンピオンで、佐渡川先生の漫画が載るのが来週号で最後だなんて今でも信じられません…

残り2話の『あまねあたためる』。
事情が事情ですので執筆当時の先生の心情を推し量ろうとする向きもあるかと思いますが、少なくともページをめくっている間は作品外のことを忘れて楽しみたいですね。

そんなわけで、しんみりした文章はここまで。
ここからは普通の感想を普通に書こうと思います(^^)
漫画感想 『あまねあたためる』第8話(チャンピオン7号)
今週のチャンピオンは『ドカベン』に大変懐かしい人が登場。
でも、個人的には『あまねあたためる』に“あの人”が再登場したことの方が嬉しかったり…
ということで、簡単にですが感想を(^^)
漫画感想 『てんむす』第90話(チャンピオン53号)
今週のチャンピオンは『てんむす』が最終回。
本戦に入ってからの展開が駆け足でハラハラさせられ通しでしたが、あの時点で連載終了は規定路線だったんでしょうかね…
消化不良な感覚は残りますが、今回の話だけを見ると綺麗な終わり方でした(^^)
漫画感想 『てんむす』第71話(チャンピオン33号)
『範馬刃牙』は決着間近ですね。一体どうなってしまうのか…
(というか、アメリカの烈さんは?徳川老公の夢のマッチメイクは?)

それはさておき、今週は『てんむす』の感想でも…
(相変わらず記事のジャンルが気まぐれですが^^;)