たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.14「“異星の隣人たち”-The Beautiful and Damned-」
『アルドノア・ゼロ』後半2話目の感想です。

深まるアルドノア起動因子の謎…
「貝塚伊奈帆」vs「スレイン・トロイヤード」の構図が明確に。
前半クール最終話では「オレンジ」「コウモリ」と呼び合っていた二人がコックピット越しの再会で互いの名前をつぶやき合うシーンは熱かったですね(^^)

始まりは小さな行き違いだったのに、誤解が因縁へと膨らんで後戻りできないところまで来てしまったことを改めて実感…
第1クール中盤でスレインのスカイキャリアがデューカリオンに着艦できていればと思わずにはいられませんが、アセイラム姫が目を覚ませば二人の間の確執が解消される可能性は依然あるのかも。
替え玉姫=レムリナが掻き回してくれちゃいそうな雰囲気がプンプンしてますけど(^^;)

皇帝は存命でしたね。かなり弱ってましたが…
よく解らないのがアルドノアの起動因子の件。
今回アルドノアドライブの起動にレムリナ姫の力を借りていたスレインは因子を持ってない??

これまでに判明している情報を整理すると…

・アルドノアドライブは起動因子の保有者にしか起動できない。
まずは大原則。
12話でスレインがクルーテオ卿のカタフラクトに乗った際、停止していたアルドノアドライブが起動したということはこの時点でスレインは起動因子を保有していたはず。
なのに何故、今回(14話)はレムリナ姫の協力が必要だったのか…

クルーテオ卿のカタフラクト(タルシス)を起動させたのがそもそもスレインではなかった、という可能性も?
遠隔で起動、みたいなことができるとすればの話ですが。

・アルドノア起動因子を初めから保有しているのは初代皇帝とその子孫のみ。
皇帝、孫娘のアセイラム姫、その母違いの妹のレムリナ姫。現時点で確認されているオリジナルの因子保有者はこの3人ですね。

12話の件からスレインも皇帝の血筋?とも考えましたが、今回の描写でその線は消えましたね(^^;)

・皇帝とその子孫の起動因子は“主従の契り”によって貸し与えることができる。
“主従の契り”の内容は体液の摂取ということのようですが、まだ作中で明確な説明は無し。
皇帝と火星騎士(♂)との間で一体どんな風に…はさておき(^^;)、今回までに“契り”の条件を満たしそうな行為の描写は計4回。

 (1) アセイラム→スレインの人工呼吸(第5話。光らず)
 (2) 伊奈帆→アセイラムの人工呼吸(第10話。光らず)
 (3) アセイラムの返り血を伊奈帆が経口摂取(第13話。光る)
 (4) レムリナ→スレインのキス(第14話。光る。これで1回?)

この内(3)と(4)は直後にアルドノアの輝きが確認できるので、“貸し与え”が成立したと見て間違いなさそう。問題は(1)と(2)です…
明らかに姫様の意思が介在していない(3)のケースでも“契り”が成立している以上は(1)と(2)の人工呼吸でも条件は揃っているように思えますが、それだと今回スレインが(4)のキスをもらうまでアルドノアを使えなかったことに説明がつかないんですよね;

もしかすると↓の強制停止との関係かも?(思いつき)

・皇帝とその子孫はアルドノアドライブを強制的に停止できる。
第11話でアセイラム姫の口から語られた設定。
姫様が揚陸城の機能を停止させたバルスもどき(12話)と、レムリナ姫がすねてスレインの機体を停めた嫌がらせ(今回)がこれですね。

もしこの強制停止に「停止権限のある者にしか解除できない」という条件があるのだとすれば、今回の件にも説明がつくような。
スレインは(1)の時点で起動因子保有→レムリナ姫の強制停止によりタルシス使用不能→(4)で停止解除権を獲得、という具合に…

強制停止してもすぐ再起動できたら意味ないので、“停止解除コード” みたいなものが別途必要というのは設計として自然な気がします。
レムリナ姫の「これで1回」発言も、強制停止解除に限った話だと理解すれば意味が通る…かも?(^^;)

・アルドノアドライブは起動者の死亡(心停止)により停止する。
皇帝が天に召されたら火星側は大混乱?
ザーツバルム卿辺りは既にレムリナ姫との間で“再契約”をちゃっかり済ませてる可能性も…


情報を整理している内に仮説っぽいものができたので、今のところはそれで納得しておきます(一応の自己解決w)
細かいところがモヤッとしてるので早くスッキリしたい…(^^;)


関連サイト
『アルドノア・ゼロ/ALDNOAH.ZERO』公式サイト

関連記事
アルドノア・ゼロ 第14話「異星の隣人たち」@また緊張が上がった/アルドノア・ゼロ14話他2015/1/19感想-Wisp-Blog
アルドノア・ゼロ 第14話『異星の隣人たち -The Beautiful and Damned-』 キャプ付感想-空と夏の間...

関連エントリー
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.05「“謁見の先で”-Phantom of The Emperor-」
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.06「“記憶の島”-Steel Step Suite-」
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.12「“たとえ天が堕ちるとも”-Childhood's End-」
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.13「“眠れる月の少女”-This Side of Paradise-」

テーマ:ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1066-7f68a361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
<記事内アンカー> 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 第3話「カレーの国では遠すぎる」 アルドノア・ゼロ 第14話「異星の隣人たち」  あんなに間近で見つめられて無反応の伊奈帆さんマジ鋼鉄メンタル。
2015/01/20(火) 20:44:23 | Wisp-Blog