たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『ワールドトリガー』第15話「ブラックトリガー・風刃」
今週はプレゼントキャンペーン目当てで早起き(^^;)
ジャンプ掲載のキーワードが「とりがー」で、番組内発表のキーワードが「おん」。まぁ予想通りでしたねw
当選するかどうかはさておき、応募者全員プレゼントの壁紙はゲット。ジャンプには「スマホ壁紙」としか書いてありませんでしたが、PC用もありました。良かった(^^)

感想は遅くなってしまいましたが、以下たっぷりと。
今回は沢山のトリガーが登場したので、その辺りも整理しつつ…
まずはしおりちゃんから説明があった銃手(ガンナー)/射手(シューター)用トリガーから。
銃型トリガーに詰めた弾丸を撃つのが銃手、銃を使わずトリオンからその場で弾丸を作って飛ばすのが射手ですね。銃型トリガーには近距離用の拳銃(ハンドガン)型と、中距離から連射する突撃銃(アサルトライフル)型があります(キトラ三輪隊長が使ってるのが前者、後者は嵐山隊長や時枝先輩が使用)

アステロイド
オプションが無い代わりに威力が高い通常弾。6話オサムも使ってましたね。
ちなみに銃手用トリガーは弾丸を「飛ばす」こと自体にトリオンを消費するので、総じて威力は攻撃手(アタッカー)用トリガーより低めです。

メテオラ
広範囲爆撃ができる炸裂弾。トリオン量によって爆発の規模を設定可能で、この辺りを柔軟に調節できるのが射手の長所です(銃手はあらかじめ設定した弾丸しか撃てないので)

バイパー
弾丸のコースを自由に設定できる変化弾。弾道を曲げて死角を攻撃したり、クネクネした軌道で相手を幻惑したり。
自在に操るには高度の空間認識能力が要求されそう(^^;)

ハウンド
標的を追尾する誘導弾。バイパーと違うのは弾道を設定しなくても自動で追尾する点です。
原作コミックス第4巻の解説(おまけページ)によると、トリオン体の反応を追う「探知誘導」と、視線でより正確に誘導する「視線誘導」があるとのこと。

以上4種のトリガーに、オプションを付加して戦うのが銃手の戦法。
三輪隊長の「重くなる弾丸」もオプショントリガーですね。

鉛弾(レッドバレット)
着弾時に重しに変化して相手を拘束する特殊な弾丸。
弾丸自体に破壊力が無い代わりにシールドの干渉を受けない作りになっていて、シールドを透過して相手の体に直接当てることができます。通常の弾丸より射程も速度も落ちるので、近接射撃が必要。

1発命中ごとに約100kgの重さとのことですが、そうなると今回の嵐山隊長は片足に200kgの重りを付けて動き回っていたことに…トリオン体の筋力強化半端ないです(^^;)

オプショントリガーの話が出たので、今回登場したその他のトリガーも簡単に整理すると…

カメレオン
風景に溶け込んで姿を消すことができる隠密(ステルス)トリガー。
透明の維持にトリオンを消費するので長時間は使えなかったり、味方からも見えなくなるため連携が取りにくくなる等の弱点も。
今回このトリガーを使用した風間隊は隠密戦闘を得意とする部隊です。

テレポーター
文字通りトリオン体をテレポートさせるトリガー。今回嵐山隊長が使ったように、攻撃の回避と同時に敵の死角へ回り込むことができます。
移動先には制限があって、どこにでもテレポートできるというわけではありません(詳しくは次回説明されるはず…)

バッグワーム
レーダーに感知されない機能を備えたマント状のトリガー。
狙撃手(スナイパー)はこれを着ての行動が基本。太刀川隊長達も玉狛本部へ向かう道中(さんが立ちふさがるまで)は着てました。
ちなみに、レーダーは基本装備トリガーであるということが今日アップされたQ&Aで解説されました。

スパイダー
用途が多様なワイヤー状トリガー。ザイル代わりにしたり、空中に張って足場にしたり、今回のキトラのように罠として使ったり。
キトラは4話でイルガーに飛び乗る時にも使ってましたね(^^)

そのスパイダーで不覚をとったよねやんはキトラを道連れにダイブ。
これを待ち受けていた出水さんの集中砲火を時枝先輩が防御して、その時枝先輩を当真さんが撃ち抜いて…という流れが原作では迫力たっぷりなんですが、個人的には少し物足りなかったです;

具体的に言うと、出水さんの攻撃に対してシールドを張ったキトラの「受けきれない……!!」というモノローグが省かれて時枝先輩の加勢の意義が解りにくい、当真さんの狙撃前の数秒が妙に間延びしてるせいで伏兵のインパクトが今一つ、原作では落下しながらのベイルアウトだったのが着地後に変更されて“捨て身感”が弱まった…etc.

これは原作ファンの贔屓目とかではなくて読み比べてもらえれば一目瞭然ですので、今回の“黒トリガー争奪戦”が丸ごと収録された第4巻をまずはお試しで手に取って頂ければと(^^)
トリガー解説etc.のおまけも充実していてお買い得です♪(宣伝)

閑話休題、今回の主役は迅さんの黒トリガー「風刃」!
その能力は作中でも語られていた通り「物体に斬撃を伝播させての遠隔攻撃」。前回ラストで菊地原を一刀両断したのは塀を伝っての斬撃で、側面からの攻撃だったので前列の風間隊長(防御の構えをとってました)を避けて後列の菊地原をピンポイントで斬れたわけですね。
この辺りをスローで振り返って解説、みたいなフォローがあっても良かったかな…とも思ったり。折角のアニメなんですし(^^;)

作画も今回は前半のバトルに力を入れた感じでしたね。太刀川隊長の攻撃を受けて避けて壁を屋根をと飛び回る迅さんのアクションは見応えがありました(^^)
追い込まれた、と思わせての誘い込み。斬撃を「仕込む」ことができる風刃と、迅さんの予知のサイドエフェクトの相性は最強♪
「残り1発」の発動は速過ぎて本当に「何が起こったんですか?」でしたけど(^^;)

風間隊オペレーターの三上さんは今回が初登場ですね。原作だと登場はもっと先なので、早めの顔見せは嬉しいサプライズでした(^^)
CVは豊嶋真千子さん。高校生にしては少し大人っぽい声でしたが、年上からも慕われるしっかり者キャラの設定を意識して…?

次回でバトルも決着。
迅さんの「プランB」もその真意を明らかに…!というところなので、楽しみです(^^)


関連サイト
東映アニメーション『ワールドトリガー』公式サイト
テレビ朝日『ワールドトリガー』番組サイト

関連エントリー
アニメ感想 『ワールドトリガー』第4話「A級5位・嵐山隊の木虎藍」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第6話「雨取千佳のサイドエフェクト」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第8話「ブラックトリガー」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第13話「ボーダートップチーム」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第14話「No.1アタッカー・太刀川慶」
ジャンプ40号雑感 『食戟のソーマ』&『ワールドトリガー』コミックス発売直前カラー!
『ワールドトリガー』第4巻、特典ペーパー全員支給!
『ワールドトリガー』アニメ配役プチ妄想 ~ボーダー本部編~

テーマ:ワールドトリガー - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1074-efd4ff08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック