たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『ワールドトリガー』第24話「玄界(ミデン)の雛鳥」
『ワールドトリガー』のTVアニメも、3クール目に突入!
新主題歌の披露ありゲストキャラの乱入あり、色々と盛り沢山だった今週の感想です(^^)

書きたいことも盛り沢山。
いつも通り、思いつくままに…
まずは新主題歌の話題から。AAAの新曲「アシタノヒカリ」
主題歌が今週から替わることは知っていたので、いつものタイミングで流れなかったのは初披露だから勿体ぶってるのかとw

曲調的にもEDテーマっぽいですね。キャストのクレジットで登場キャラのネタバレが無くなるのはいいことですが、映像の描き下ろしが無いのは残念;
作画が苦しいなら別に主題歌変更しなくても良かったんじゃ…というのは、現場を知らない無責任な意見なのかもですが(^^;)

というか、「GIRI GIRI」がハマリ曲過ぎでしたよね~
先日ソナーポケットko-daiさんのツイートを読んでニマニマしちゃいました(^^)

C級隊員オカダ・カズチカのゲスト出演もジャンプ本誌で告知されてましたね。最近のプロレスラーは全然知りませんが、レインメーカーは覚えましたw
話題作りetc.で作品に無関係な有名人をアニメに絡めるのは好きじゃありませんが、今回のはほぼガヤですし「100倍講座」は元々オマケなのでこういうのもアリかなぁと割と好意的に受け止めてます。
(J本誌のインタビューで「好きなキャラは?」のQに「雨取千佳ですね」と迷いなく回答されてるのを読んで一気に親しみが^^)

さて、そろそろ本編の話題を…
敵の標的は“玄界(ミデン。こちらの世界のこと)の雛鳥”=ボーダーのC級隊員!ということでサブタイトルがいきなりのネタバレでしたが、あからさまではないですし今回の放送の中で回収される内容なので目くじらを立てることではないかと(^^;)

残念だったのは原作の3.5話分(48話のラスト~52話の序盤)を一気に消化してしまったこと…
この辺り原作だと敵側の狙いが判らない状況が何週にもまたがって不気味だったので、アニメでもその雰囲気を再現して欲しかった…というのもありますし、オサムキトラの活躍があっさりめで片付けられてしまったことが残念でなりません;
Aパート後の提供画面で「修の成長、木虎の意地に刮目せよ!!」 と盛り上げておいて、アレはちょっと…(--;)

アニメ組でいずれ原作に手を伸ばす方も多いと思いますので今ここで原作の内容を明かす野暮はしませんが、オサムvsモールモッドの“再戦”は以前ユーマがオサムのトリガーでモールモッドを倒したシーン(アニメだと第3話)を見返すと多分きっと胸アツです(^^)
この感動は原作コミックスで是非!(宣伝)

展開が巻き気味だったことはさておき、ラスト数分の緊迫感・絶望感は秀逸でしたね(^^)
大量投入されるラービット、ベイルアウトが間に合わずキューブ化されるキトラ、足がすくんで逃げられない千佳助けてレインメーカー!

以下、落ち穂拾い的に良かった点・悪かった点をいくつか…

>新3バカ
“酉の陣”ダサかっこいいww
おしるこ缶片手にクールを決め込むリーダーも空き缶ポイ投げ(失敗)追加でいい味出してました(^^)

>セリフ
諏訪隊長(立方体)の救出に成功した風間隊長が「堤と笹森を呼べ」と指示するセリフに「諏訪隊の」を追加したのは親切でしたね。
あと、「本部には太刀川や当真がゴロゴロしてる」のセリフは「ゴロゴロ(寝てる)」というより「ゴロゴロ(大量)」って感じのイントネーションだったような(^^;)

>色
ラービットの新型(モッド体)のカラーリングがいい感じでした。原作はモノクロページにしか登場してないのでカラー初お目見え(^^)
しおりちゃん特製の“やしゃまるシリーズ”もUSB(?)からして色付きだったんですね~

>アクション
キトラのワイヤーアクション(ラービットを立体的に包囲しながら中距離射撃)は速過ぎて何が何だか…
速ければいいって話じゃないというか、逆に手抜き作画に見えるレベルでした。色々と勿体無かったです;
押さえ込まれた体勢から脚を斬り落としての起死回生の反撃は、迫力も判りやすさも申し分なしでした♪

感想はこのくらいにして、ここからは(一部で)ご好評を戴いております戦況etc.の整理を。今回は天羽が事実上の初登場と、鈴鳴第一の別役太一が新キャラですね。
これは完全に余談ですが、天羽役の代永翼さんはアニメ開始前のキャスト妄想(not予想)で太一役として頭をよぎったことをふと思い出しましたw(結局採用しませんでしたが^^;)

・ボーダー本部→司令部から忍田本部長が全部隊を指揮。

状況は先週から変更なしですね。本部建物内ではA級2位の当真さんがゴロゴロしてますw
太刀川隊長も本部の周辺で獲物を求めてウロウロしてるはず(^^)

・アフトクラトル遠征艇→近界民(ネイバー)4名が撹乱役として出動へ。

真の目的=”雛鳥の捕獲”に向けて、いよいよラービットを本格投入。転送装置内蔵のラッドを使ってピンポイントでC級隊員のど真ん中に捕獲用トリオン兵を送り込むというえげつない戦略(^^;)
ラービットにはプレーン体(白)とモッド体(各色)がいて色ごとに性能が違います。それ以上の解説は来週以降に改めて…
ラービットの“仕事”の援護に送り込まれるヒュースエネドラランバネインヴィザの4人についても次回触れたいと思います(^^)

・本部北西~西地区→西地区の担当を天羽が引き継ぎ。

北西の敵を文字通り一掃した天羽くんが揚げせんで買収されて西地区を任され、さんは別の戦場へ。
迅さんはサイドエフェクトで敵の動向がある程度読めるので、それに対応した動きですね(^^)

・本部南西地区
 警戒区域内→嵐山隊嵐山時枝)と空閑遊真が排除行動中。
 市街地→C級隊員をラービット3体が急襲。

千佳達への救援をオサムとキトラに任せて残ったユーマは嵐山隊長達と協力して南西地区のトリオン兵退治。
嵐山隊のもう一人佐鳥さんは…さて、どこでしょう?(^^;)

・本部南地区B級合同部隊がトリオン兵と交戦中。

合流が遅れている鈴鳴第一(来馬隊)は南西地区と南地区の中間辺りの区域で戦闘中。B級ながらNo.4アタッカーの称号持ちの村上さんがその場を引き受け、来馬隊長と太一は南地区へ。

別役 太一(16) 来馬隊狙撃手(スナイパー) (CV ?)

来馬隊はオペレーターのみ未登場ですね(4人部隊)
村上さんの“No.4攻撃手”については、太刀川隊長がNo.1で風間隊長がNo.2ということを考えると凄さがよく解ると思います(^^)

・本部東地区風間隊がラービットを撃破。

キューブ化された諏訪隊長を回収。風間隊はそのまま他のトリオン兵の排除へ、諏訪隊の2人(笹森)はキューブと共に本部へ。

今週の整理はこのくらいで。
原作未読の視聴者を想定してる関係上くどい部分が少なからずあるかと思いますが、ご容赦下さい(^^;)


関連サイト
東映アニメーション『ワールドトリガー』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『ワールドトリガー』第1話「異世界からの来訪者」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第3話「三雲修の実力」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第4話「A級5位・嵐山隊の木虎藍」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第13話「ボーダートップチーム」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第22話「大規模侵攻開始」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第23話「神の国アフトクラトル」
ジャンプ12号雑感 今週号は火曜発売?
漫画感想 『ワールドトリガー』第50話(ジャンプ14号)
漫画感想 『ワールドトリガー』第51話(ジャンプ15号)
『ワールドトリガー』第6巻、アニメ化決定で「たしかなまんぞく」!
『ワールドトリガー』アニメ配役プチ妄想 ~ボーダー本部編~
2014年度アニメソング マイベスト

テーマ:ワールドトリガー - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1148-b69eeb6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック