たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『修羅の刻 昭和編』第二話(月刊マガジン11月号)
先月号から始まった『修羅の刻』の新章「昭和編」
内容的に『修羅の門』の中で回想として描かれてもおかしくない物語ですが、「陸奥九十九の章」である『門』以前の世代に遡るストーリーなので『刻』の範疇ですね。やっぱり(^^)
ウッちゃんケンちゃんw
前回ラストの一触即発の空気から一転、何かいいコンビになってるんですが(^^;)

戦うと思わせて肩透かしを食わせる山田さん改め不破現(というか後の山田さん)の捉えどころの無さは相変わらずですが、それに翻弄されるケンシンが面白いですね~
若いというか青いというか『門』での印象と全然違うww

でも、それ以上のインパクトだったのが今回のヒロインであるところの静流さん。何というかその…意外なキャラでしたw
でもある意味、これまでの“陸奥の女”の中で一番陸奥らしい性格ですよね。何せあのウッちゃんが毒気抜かれてるんですから(^^;)

「馬鹿が大好き」発言で早々にアプローチのジャブを打ち込んできた静流さんをウッちゃんケンちゃんはどう迎え撃つのか…
何だか今回の『刻』はバトル以外の要素に注目してしまいそうですw(実際そこがメインテーマなんでしょうけど^^)

(ところで今回のシリーズの章題って「静流と現の章」に…?)


関連エントリー
漫画感想 『修羅の門 第弐門』第四十二話(月刊マガジン7月号)
漫画感想 『修羅の門 第弐門』第四十四話(月刊マガジン9月号)
月刊マガジン12月号雑感 川原先生W連載クライマックス!
漫画感想 『修羅の門 第弐門』第四十八話(月刊マガジン1月号)
漫画感想 『修羅の門 第弐門』最終話(月刊マガジン7月号)

テーマ:修羅の門 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1347-87ce79d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック