たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『ワールドトリガー』第127話(ジャンプ7号)
去年から雑感形式でジャンプ感想を書けてないのは、複数の作品の感想を横断的に書く時間的・体力的余裕が無い…というのもありますが、『ワールドトリガー』の1話1話の情報量がとんでもないお蔭で感想に書きたいことが多過ぎることも関係してると思うんです。
…と、言い訳(^^;)

合併号休み明けの『ワールドトリガー』感想です!
序盤の奇襲に対し、ボーダー側も態勢を立て直しつつあるガロプラ侵攻。アフトクラトルの「大規模侵攻」に対して、今回のは「中規模侵攻」ということになるんでしょうか(^^)
いよいよ“本丸”で戦闘が始まり、ますますヒートアップする戦局…
増ページを疑うくらい濃密な1話でした♪

加古隊長と黒江ちゃんの戦闘スタイルは事実上初公開!
加古さんの追尾弾の出し方が幻惑チックですが、この辺りが「ファントム」に繋がるのかはまだよく判りませんね~
黒江ちゃんが使っていた「韋駄天」は「 」付き表記なので、攻撃手用のオプショントリガー? 移動速度を瞬間的に上げる的な…

直接絡むのは初めてになる二宮さんと加古さんは普通に相性悪かったww(ここに三輪隊長が加わると一体どうなるのか…^^;)
隊長同士の仲以上に気になるのが隊員間の関係で、犬飼さんと黒江ちゃんの距離がやけに近いw

攻撃手・銃手・射手・狙撃手・万能手の混成チームがズラッと並んでる様は壮観ですこぶる頼もしいですが、それにしても二宮隊の隊服はやっぱり浮いてますねw
反撃ムードの中、ガロプラ側もアイドラの“操縦(マニュアル)モード”で対抗。プログラミングされたオートパイロットだと思って仕掛けると手痛い奇襲を食らいそう…

ガトリン隊長の全身武器化トリガーに絡めて、レイジさんの“全武装(フルアームズ)”の情報もちょい出し。前回のNo.3攻撃手の件もそうですが、こんな風に情報を小出しにして楽しませてくれるのも『ワールドトリガー』の魅力ですよね~
今週の「韋駄天」みたいに用語だけを先出ししたり、キャラ同士の関係であれこれ想像をかき立てたり。
世界観や設定がきっちり作り込まれてるからこその絶妙な構成と心憎いサービスです(^^)


関連エントリー
漫画感想 『ワールドトリガー』第63話(ジャンプ28号)
ジャンプ13号雑感 『暗殺教室』開幕
漫画感想 『ワールドトリガー』第111話(ジャンプ36号)
漫画感想 『ワールドトリガー』第123話(ジャンプ53号)
漫画感想 『ワールドトリガー』第126話(ジャンプ5・6号)

テーマ:ワールドトリガー - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1442-3889166d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック