たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『さよなら絶望先生』最終話(マガジン28号)
『さよなら絶望先生』、ついに完結…

『かってに改蔵』の最終回の例もあるので、最後には何かしら仕掛けがあるのではと思ってましたが…
予想以上に怒涛の展開でしたw
(正確には、最終話の4話くらい前から…)

以下、ネタバレ注意です(念のため注記^^;)
「大人になって不自然にひらがな使うと、世間ではオタク扱いですよ!」
申し訳ありません;
当ブログ名は不自然にひらがな表記です(^^;)

…まぁ、それはさておきw

集団供養、記憶転移、集団幻想…
初めからシリアスな漫画で結末がコレだったら…ちょっと受け入れられなかったかも知れませんね;(描き方次第だとは思いますが)
日常ギャグ漫画を何年も(ある意味マンネリになるくらい)続けてきた上でのオチだからこそ、驚けたし感動もできた…そんな気がします。

冒頭で「ネタバレ注意」とか書いた割に、結構ぼかした書き方になってますね(^^;)
「ギャグ漫画のネタバレなんて別に…」と甘く見て地雷を踏んでしまう人がいないとも限らないので、このくらいがちょうどいいのかもw

最後のカフカは何(誰)?という謎も残ってますが…
ともあれ、改めて第1話から読み直したら発見が色々とあるんでしょうね。無性に読み返してみたくなってきました…(でもコミックスは買ってない;)

(追記)
「ポジティブ遺伝子すご過ぎw」とか思ってたら、何と実在する遺伝子だとかでビックリしました;>セロトニントランスポーター遺伝子LL型

(さらに追記)
最後のコマについて、「ヤマカム」の山田さんの記事を読んで色々なことがストンと腑に落ちました(^^)
作品全体のレビューとしても素晴らしい内容ですので、関連記事としてリンクを張らせて頂きます↓


関連記事
「さよなら絶望先生」堂々の完結、感動的な最終回-ヤマカム

テーマ:さよなら絶望先生 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/15-36fea62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック