たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
『GA 芸術科アートデザインクラス』第7巻、万感のフィナーレ!
2連続で漫画ネタです。
かれこれ2ヶ月遅れの「大好きな漫画のコミックス最終巻」の話題…

『GA 芸術科アートデザインクラス』第7巻!


あーさんぶちさん裏表紙にv)

名残惜しさでページをなかなか開くことができませんでしたが、読み始めたらあっという間でした。
「終わらないで!」という気持ちが「終わるんだなぁ…」という感慨へと自然にシフトする丁寧な畳み方。幸せな読後感に感無量です(^^)

幻の「GA材置き場」完全収録の「アートデザインワークス」も楽しみ♪
進路、卒業、継承…
散りばめられた言葉とテーマが否応なく“終わり”を意識させ、物語の全てに一つ一つ落としどころと方向性をつけていく美しい幕引き。
連載中の段階で「ここからが最終巻の内容」と計算されていたとしか思えない構成です(^^)

(以下、内容に踏み込みます)

GA1年と美術部のメンバー間の絡みが一気に増加。
「最終巻ならでは」くらいの感覚で捉えていたら、最後の最後に両者の間でバトンが受け渡されるという収束のさせ方に感動しました…
これまでの描かれ方から何となく「1年組は1年組、美術部は美術部」と切り離してきたので、2つの流れが1本になるラストは想像の外にあったんですよね~

5巻の「ひと夏限りのゆきずりの少女」が将来の後輩として再登場し、それぞれの美術との関わりのルーツが掘り下げられ…
“未来”の可能性と“原点”への回帰を編み合わせた、集大成感たっぷりの最終巻です。何かもうこれ以上は言葉になりません(^^;)

個別のシーンを語り出すとキリが無いので、2箇所だけ…

まずラスト1話前の卒業式回。「約束の一言」がラヴい!(>∇<)
あーさんの泣き顔のヒロイン力…何ですかこの恋愛漫画(^^;)
まさか「部長箱」がこんなロマンチックなアイテムになろうとは。魚住先輩やりますね~(ニヨニヨ)

そして最終話。
フルカラーだったら良かったのに…と思っていたら、如月の一筆から「スッ」と色がつく神懸かった演出に震えました!
自分はアニメから『GA』に入ったので、読んでいて自ずとアニメのCVやBGMが頭の中に流れますが、ラスト3ページのカラフルな臨場感は格別でした♪

「今こそアニメ2期を」と、声を大にして言いたい!
この素晴らしい作品の賑やかで色とりどりなフィナーレを、アニメでも是非…!(切望)

(おまけ)
COMIC ZINで購入すると、特典でフルカラーの小冊子がv
今月発売される画集(「アートデザインワークス」)との重複もあるのかもですが、まんがタイムきららキャラットの表紙絵に加えて未使用案や本編に採用されなかった漫画ラフのお蔵出しまで収録は嬉し過ぎます(^^)

5月9日1時30分現在、まだ「在庫あり」です!


関連サイト
『GA 芸術科アートデザインクラス』アニメ公式サイト

関連記事
漫画感想「GA-芸術科アートデザインクラス-」7巻(完)-Wisp-Blog

関連エントリー
『GA 芸術科アートデザインクラス』第5巻は夏休み仕様♪
『GA 芸術科アートデザインクラス』BD-BOXが到着♪
アニメ『GA 芸術科アートデザインクラス』の思い出
拍手返信(~2016/03/15) 前半

テーマ:GA-芸術科アートデザインクラス- - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1549-8f7b0477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
 きゆづきさとこの「GA-芸術科アートデザインクラス-」7巻を読了。はー……終わった、終わってしまった。読み終わってしまった。基本的に1話完結のスタイルを通しながらも時間は少しずつ進行していって、そしてあーさん達の卒業と主人公である如月達の進級で本作は完結しています。  主人公達が卒業して終わる物語は、「可能性」(進路)が選択されて「未来」に変化し、僕達から断絶される物語です。卒業した...
2016/05/11(水) 20:49:24 | Wisp-Blog