たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
拍手返信(~2016/06/03) 前半
前回の拍手返信からあっという間に2週間…
このところ思うように更新できてないこともあり、拍手コメントへのお返事も溜め込んでしまってます;

これ以上溜め込むと収拾つかなくなるので、この辺りで返信モードに。
本日までに戴いたメッセージを対象に、分割で返信します。「後半」がいつになるか判りませんが見切り発車で(^^;)

以下、『みつどもえ』320卵性(先月号)と「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.99(ひとは6歳)、『ワールドトリガー』第144話(先週号)、『三者三葉』のアニメ第5話の内容に触れている部分があります。
未読・未視聴の方はご注意下さい<(_ _)>
アイドル伝説えり子が面白くて最近見てます。‥
話しは悲惨が多いですがぜひみてください。

放送中アニメのチェックに手一杯で、なかなか旧作品にまで手が伸びません;;
それはそれとして、悲惨な話はちょっと…(尻込み)

‥声優の水谷優子さんが5/17に乳がんで亡くなられたそうです。51歳、若すぎますよ。ちょっと信じられないです。
水谷優子さん亡くなりましたね。‥
ご冥福をお祈りします。

2件まとめて紹介させて頂きます。
まだ若いですし、療養中等の情報も無く、本当に突然の訃報…絶句でした。

聴いた回数の点で、やはり『ちびまる子ちゃん』お姉ちゃん『ブラック・ジャック』ピノコの印象がとりわけ強いですね。喪失感が消えませんが、今はただご冥福をお祈りするばかりです…

from と~しきさん
‥絵面がさぁ。っていうセルフツッコミもありましたが
マジで公式でやっちゃうところが凄いなぁ、と。
パンツ描写も要審議レベルでしたし今年ののりお先生キレッキレすぎ!!‥

年々攻めの姿勢を強めてるというか、今年「も」アクセル全開スレスレ走行ですよねw ハラハラします(^^;)

‥扉絵の並び順、言われてみればナルホド萌えた、と~しきでした!
扉絵のキャラ配置に注目する発想は、と~しきさんの受け売りだったりします(友情数珠繋ぎイラストの時の^^)

from と~しきさん
三者三葉5話!
耳が幸せ!OP良いすよねー!
出だしからピークで引き込まれます。今年の10選候補!‥

OP・EDもですし、本編も声がキャラにハマっていてクセになります。特に双葉薗部さん(^^)

サブタイトルのセレクトは毎回予測がつきませんねw
同じく荒井チェリー先生原作・動画工房制作の『未確認で進行形』のサブタイも同じ形式でしたが、いつも「今回は誰のセリフが…」と楽しんでました(^^)

‥弄ることで真価を発揮する薗部さんと、弄られることで真価を発揮する西山さんの相性は、ある意味で抜群と言えるものがありますよね。照を相手にしてる時もですけど弄られている時の西山さんは本当に魅力的w ‥
レス不要のご指定でしたが、折角戴いたコメントなので少し引用させて頂きました(^^)
本当に抜群の相性ですよね~今後の絡みも楽しみ♪

> 区切りの325(みつご)卵性‥
確かにこの回で何かが起こりそう!オールカラーとか色々妄想が膨らみますね。‥

“大長編”にも期待してますが、今の2本立て編成のままだと少し難しいですね(^^;)
今月号が322・323・324の3本立てにする…とかw

‥海江田先生が猫に馴染もうとしていたのもやはり・・・。のりお先生の重ね合わせの対象が三女さんから海江田先生に移行している気がします。‥
二人の間のミッシングリンクを埋めるのが小泉ちゃん(@『ギャルサーの姫』)でしょうか。ウェ~イw

‥ >濃密な吉宮アトモスフィア!‥
普段から実技を欠かしていない事の証拠では無いでしょうか。大変な眼福回でした。ありがてぇありがてぇ・・・ ‥

演技指導いらずでしたね(^^)
「イチャァ…」 がここまで絵になるのはこの二人だからこそ!

‥真っ正面からアウトな方向に斬り込んできましたね。まさかのりお先生は自分で試してみたんでしょうか。‥
その作画現場は公開できないww

‥499対501でセーフと認められるレベルですよね。しかも何だかひとはらしからぬ大人風パンツ。
僅差w
“パンツハンモック回”では「ノーパンデー」だった分を埋め合わせるかのようなギリギリっぷりでした(^^;)

from みつたまさん
‥香取隊の過去話も出てきて、ますます来週の展開が気になりますねぇ。
どの隊にもそれぞれの物語がある、というのはこれまで通りですが
香取隊は予想以上に重たい話でしたね。‥

その「来週の展開」が来てからのタイミングの返信に;
お待たせして申し訳ありません<(_ _)>

香取隊の過去エピソードは重苦しくて悲痛でした…
これまで作中でほとんど描かれてない“生身の負傷”が本当に痛々しくて;;

from みつたまさん
‥>1コマ目のこのカットで早々に萌え死にw ‥
まったくなんなんでしょうね。この可愛すぎる物体は。‥
反対側の手で草次郎の服をギュッと掴んでいるのも…ああたまんねぇ。‥

普段からの観察と、それを漫画に変換する表現力。のりお先生の幼女スキーが大いに活きた素晴らしい1コマです(^^)

‥後に闇堕ちする(違う)ひとは程ひねくれてないし、
かといって風邪を引いて完全に子供帰りしたひとはとも違う…
この時期の彼女でしかあり得ない絶妙なバランスの上に成り立つ
新鮮な魅力すら感じました。‥

6歳にしては背伸び気味で、でも6歳相応の隙もあって…
突き詰めると「可愛い」という言葉しか出ませんw

‥ひとははこの時期から既に自己承認欲求の強さを感じさせますよね。
今に繋がるイタズラ好きな性格も垣間見えますし、「可愛いだけシリーズ」と片付けてしまうには、あまりに完成度の高い1話だったと思います。

Vol.100がまさに総括となっていましたが、時の経過に伴う成長や変化の一過程が確かに描かれていて、見どころの多いラスト4話でした♪


関連エントリー
拍手返信(~2016/05/16)
漫画感想 『みつどもえ』320卵性(別冊チャンピオン6月号)
アニメ感想 『三者三葉』第5話「もうこはんはもうないんですね」
漫画感想 『ワールドトリガー』第145話(ジャンプ26号)
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.99はむふ今昔物語
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.100は丸井家今昔物語で大団円!
トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1567-8ab88504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック