たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
斗貴子さんの萌えるセリフ 10選
斗貴子さん、ハッピーバースデー♪

8月7日は『武装錬金』のバトルヒロイン斗貴子さんの誕生日です(^^)


(手前で見切れてるのはパピヨンフィギュアの羽とまひろフィギュアの青汁DXw)

ブログを始めて5度目の機会となる誕生日記事。
曜日にも恵まれた今年はいよいよ「キャラ語り」で斗貴子さんを…と思ったのですが、要領良くまとめられそうにないので今年も断念(^^;)

そんなわけで今年はパピヨンの誕生日記事で以前書いたセリフ10選の斗貴子さんver.でお祝い!
パピヨンver.は「燃えるセリフ」でしたが、斗貴子さんver.は「萌えるセリフ」になります。熱いシーンも含めて「萌え」なので(^^)

斗貴子さんの魅力を語るコンセプト上、そのセリフ前後のストーリーにもある程度踏み込んだ内容になります。
なるべくネタばらしはしないよう心掛けますが、『武装錬金』未読の方には予告編レベルの情報を含みます。あらかじめご容赦下さい<(_ _)>
以下、話数順にお気に入りゼリフ10選です。
( )内は掲載コミックスの巻数とページ数になります。

「エロスは程々に」(1巻 p157ほか)

斗貴子さんといえば「臓物(ハラワタ)をブチ撒けろ!!」を代表とする殺伐しいセリフが多いイメージですが、年上お姉さんヒロインの魅力が詰まった決めゼリフ(?)がこちら。
一見エロスNGなスタンスをとりつつ、その実「程々」であれば許容する寛容さ。年上の余裕!
カズキの嗜好を把握した上での「年上だと嬉しいか?」(2巻 p10)との合わせ技も強力です(*^^*)

「見た目より……ずっと大きな肩――――…」(2巻 p134)

嬉し恥ずかし24時間耐久おんぶダッシュ中のモノローグ(^^;)
戦士になって以来“守る側”に立ち続けてきた斗貴子さんが、カズキに助けられて守られて「共に戦う仲間」(6巻 p51)と認めるまでになる…その過程の1ページです(^^)
鷲尾との戦闘中のやりとりもそうですし、さらに遡るなら坂を転げ落ちながら体を張って斗貴子さんをかばうシーン(1巻 p120)も。斗貴子さんの中でカズキの存在が少しずつ少しずつ大きくなっていく描写が細やかなんですよね~

「許せカズキ!
 キミの戦士としての生命を 今ここで断つ!」
(4巻 p125)

去年の記事でも挙げた大好きなシーンです(^^)
カズキの優しさを尊重しつつ、それが戦士として命取りになると判断しての苛烈な言動。葛藤しながらも責任を優先させる斗貴子さんらしいセリフですね。
カズキの為を思ってとはいえ、視力や四肢機能をガチで殺しにくる斗貴子さんマジ凶暴…(^^;)

「私が巻き込んで戦士にしてしまった その挙句――…」(5巻 p174)

屋上の慟哭シーン。カズキを戦いの世界に引き込んでしまったことへの責任感と悔恨が極まって、「その挙句」の後が言葉にならない様が悲痛です…
戦場では、「泣」かずに「哭」く。それがバトルヒロイン!

「姿形は変えても 心までは 変えないでくれ」(6巻 p20)

必死にカズキを引き止める斗貴子さんの懇願。このセリフを絞り出す斗貴子さんの表情が本当に弱々しくて…
それまで決して見せなかった“弱さ”が初めて表に出るシーンですが、心身ギリギリの状況でなお責任を貫こうとする“強さ”も同時に滲み出ていて、こういうところが斗貴子さんの魅力だと思います。上手く言葉にできませんが;

「キミが死ぬ時が 私が死ぬ時だ!」(6巻 p179ほか)

第6巻は名ゼリフ揃いで取捨選択に悩みましたが、この一心同体宣言は外せません。“カズトキ”の絆を象徴するセリフですね!
この先、要所要所でクローズアップされるこのフレーズ。最後の最後で“ああいう形”になるのが何ともまた…モニョモニョ(^^)

「どうしても斃さねばならない存在(モノ)が現れた時―――
 どうしても守りたい存在(モノ)が出来た時――――
その時自分の非力に涙しない様 キミは今ここで強くなっておけ」

(7巻 p21)

斗貴子さんは先輩キャラとしても死角なし!
剛太をイチコロにした名ゼリフ。去年の記事でも引用していますv
再会時の「念願の戦士になれて良かったな おめでとう」(6巻 p87)も↑の経緯を踏まえて読むとグッと来ます(^^)

「ギャフン」(7巻 p73)

シリアスなセリフが続いたところで、あえての「ギャフン」ですw
斗貴子さんなりの精一杯のユーモア!(^^;)
カズキと剛太を仲良くさせようと真顔でコレを言う真面目さ・不器用さが堪りませんし、言った後で赤面してるのもポイント高いです(^^)

「答えろ キャプテンブラボー!!」(8巻 p129)

ブラボーへの敬意も恩義もそれまでの関係性もかなぐり捨てて、理不尽を真っ向から非難する戦士・斗貴子。
ツッコミの場面ですら敬語だった斗貴子さんがここまで激しく言葉をぶつける。その真剣さにシビれます(^^)

「足りない分は私から補え」(9巻 p114)

ジャンプ本誌での最終回より。ネタバレ回避で多くは語りません(^^;)
先の一心同体宣言からこう繋げるか!というミラクルな流れ。「勇気が足りない」というカズキの振りを受けての完璧な返し。まさに以心伝心です♪

この後「ファイナル」→「ピリオド」→「アフター」と続きますが、ネタバレ抜きでセリフだけ拾うのは難しいこともあり、以上で10選とします。
「萌えるシーン」で選ぶなら話は別ですが、セリフという観点でならこの形かとv

…何とか誕生日当日に間に合いましたw
語っても語っても尽きることのない斗貴子さんの魅力。その一部でも伝えることができたなら幸いです(^^)


関連エントリー
和月伸宏作品キャラクター マイベスト10
斗貴子さんのファッションあれこれ
3度目の斗貴子さんハッピーバースデー♪
斗貴子さんにまつわる『武装錬金』エトセトラ
パピヨンの燃えるセリフ 10選

テーマ:武装錬金 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1609-81079541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック