たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『修羅の門 第弐門』第二十三話(月刊マガジン11月号)
長年の謎が…なんて書くと少し大げさですが(^^;)
今までずっと不明だった舞子ママの名前がついに判明してスッキリ♪
龍造寺凛子、と…( ..)φメモメモ
大好きなキャラなのに「舞子の母」とか「館長代理」とか呼ぶしかないことにモヤモヤを感じ続けて幾星霜…
どのくらい好きかというと、九十九舞子に次いで3番目に好きですv(但し『刻』キャラ除く)
「第弐門」が始まらなければ永遠の謎となっていたかも知れない問題に決着がついて、かなり嬉しいです(^^)

その凛子さん。今回のトーナメントでは解説役を担当するようですねv
旧作でもそれに近い役回りはしていましたが、今回は山田さんとのダブルチームということでハイレベルな会話が楽しめそうです(^^)

いよいよ次回から試合開始…
名物の“伏兵”がTSF側に潜んでる気配がまるで無いので決勝は順当に九十九vs太公望となりそうですが、そこに至るまでの各試合に熱い戦いを期待します♪


関連エントリー
漫画感想 『修羅の門 第弐門』第二十一話(月刊マガジン9月号)

テーマ:修羅の門 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/163-0dd364a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック