たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
拍手返信(~2017/01/02) 後半
去年から今年にかけて戴いたメッセージへの返信です(前半こちら
OP&ED10選へのコメントが中心になります(^^)
from と~しきさん
‥ファントム・ワールドのOPは舞先輩のおっぱいと玲奈のお尻とくるみちゃんの内またが脳裏に焼き付いてますw ‥

あと小糸ちゃんの腰、ですねw

‥僕だけがいない街は結構前のアジカンの曲なのに作品との相性がバッチリで驚いた記憶。目に線入れている演出もミステリーチックで好きでした。‥
既存の曲だとは知りませんでした(^^;)
目に線の演出は、線が入った途端にみんな怪しく見える不思議w

‥このすばは駄女神様のニッコリ笑顔とサブタイトルを紹介する所が最高でしたよね!‥
爆焔でボロボロなカズマ達の無駄に爽やかなサムズアップも好きb

‥NEW GAME!はぞいちゃんに元気もらえるOPだったと思います!さすが動画工房…!!‥
作中で一度しか披露されてない「がんばるぞい!」 ですが、OP冒頭のあのポーズはまさしく…!
1日の疲れを癒して翌日も頑張る活力をチャージしてくれる、幸せな時間の始まりの合図でした(^^)

‥てーきゅうはトマリンのを選ばれたんですね!自分は「グルテン哀歌」を入れようか最後まで悩んでましたw ‥
トマリンの可愛さラッシュにすっかり洗脳されてしまいましたw
CDの感想記事でも書きましたが、フルver.の評価では断然「グルテン哀歌」です(^^)

‥今年もOPの選出お疲れ様でした!まだ残りの記事もあるかもですが、来年もよろしくお願いします!
OP10選へのコメントありがとうございます!
本年もよろしくお願いします<(_ _)>

レス不要とのご指定でしたが、折角ですので簡潔にお返事を…

『僕だけがいない街』OP→映像のこだわりが本当に凄かった!あれこれ考えながら観るのが毎回楽しいOPでした(^^)
『このすば』OP→サブタイ紹介のパートは愛されてますねw
『NEW GAME!』『灼熱の卓球娘』OP→どちらの曲も作品の魅力がそのまま体現されたOPで、本編と地続きの楽しさでした♪

from と~しきさん
‥ぐーちょきパレードは三人(+薗部さん)の掛け合いが利いていて幸福感ありまくりですよね!フルで聴くと「葉子様~(涙)」にシンクロしてしまうw ‥

「目も耳も幸せ」という本編の魅力をそのままEDに持ち込んだ空気が堪りませんね(^^)
葉子様の視点で歌詞を聴くと、ぼっち脱却ソングでもあったり…w

‥LUNKHEADの方々がうしとらファンだったとは初めて知りました。あの曲に込められた熱量にも納得!!‥
大好きな作品の主題歌を創れるって、めちゃくちゃ嬉しくて燃えるでしょうねぇ(^^)
そんな意気込みと作品愛がみなぎった曲を聴けて、同志(ファン)冥利に尽きる幸せです♪

‥フリフラのEDは正にピュアイリュージョンに迷い込んだ感がたまらない曲でありアニメーションですよね!
他の方の10選を見てもやっぱフリフラ強いなぁ、と思った、と~しき君だったのでした。

『フリフラ』ED強いですね~
統計とってみたら1位獲れそう(^^)

from zenitさん
あけましておめでとうございます!
どうかよろしくお願いいたします。‥

おめでとうございます!
こちらこそよろしくお願いいたします<(_ _)>

‥驚異的な更新回数としか言いようがないです。1年は365日しかないというのに。‥
記事1本あたりの密度はzenitさんの感想記事の10分の1にも及びませんので…(^^;)
それでも、楽しみにして頂けているとの言葉は嬉しいです。ありがとうございます♪

‥キズナイーバーEDは各ヒロインの表情や持っている花がとても目を引くお洒落かつ儚さを感じさせるEDで印象深かったです。
ED10選にもコメントありがとうございます♪
『キズナイーバー』のED映像は繊細な美しさが詞と曲にピッタリ合っていて惚れ惚れです(^^)

三者三葉は薗部さんの毒を含んだ導入部がとても面白くて(笑)
でも映像的には三葉たちの尊さ全開の淡い画が優しく、本当に終わって欲しくない時間を感じさせてくれました。

元気にはしゃぎ合ってるOP映像も楽しいですが、EDは服装も相まってくつろいだ空気が和みます。尊い!(^^)

うしおととらは獣の槍の破片を用いた描写が否応なしに私を昂ぶらせてくれました。
連載当時はアニメ化が難しいとも言われた本作が、現代の映像技術でとても魅力的な作品として仕上げられたことに感謝ですね!‥

3クールの集大成に相応しい曲と映像でした。時を置いたからこそ叶った最高のアニメ化に感謝&感激♪

‥引くに引けない二人の始まりを感じさせる画。もうあの頃には戻れないと思わせる曲調に哀しさのようなものも感じてしまいます。
でも最後に希望があるといいなとも思わせてくれるパンアップからの演出に救われる!

終盤の映像の明るさを素直に希望と捉えていいのか、それとも戻れない過去を懐古する残酷な演出なのか…
やはり希望は残っていると信じたいです(^^;)

フリフラは作品の世界観をこれほどまでに表現出来てしまうのかと感嘆しました。‥
『フリフラ』ってどんな作品?と訊かれたら、まずはOPとEDを観てもらいたいですよね(^^)


関連エントリー
拍手返信(~2017/01/02) 前半
2016年TVアニメOP10選
2016年TVアニメED10選
2017年らしいです
トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1708-26ec2610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック