たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
「ほぼ週刊みつどもえ」振り返り語り2016
2月22日発売の月刊モーニング・ツー(初購入)にのりお先生が寄稿されている「猫と女児の私」
思っていた以上の短さ(1ページ)でしたが、先生のマムロン愛に溢れた大変微笑ましい実録漫画でした(^^)

女児ごっこ(何故か屋外でも靴下)はハイレベル過ぎですw
誌面のちょい見せかと思いきや未掲載のネームもさりげなく公開↑されてるサービス精神♪

以下は去年の『みつどもえ』振り返りで書き残した話題を。
2月も末という今更過ぎるタイミングですが、「ほぼ週刊みつどもえ」の去年1年分(vol.79~100)から順不同で5選です(^^)
Vol.79「我らの金脈」(1月7日更新)
2016年の1本目はネタの拾い方とオチへの繋ぎが絶妙。「こぼれ話」として完成度の高い1編です(^^)

Vol.89「三女取り合いゴッコ」(3月17日更新)
サブタイトルだけでもう殿堂入り確定ですw 矢部ひとひとも楽しめるイチャイチャハーレム♪

Vol.93「虫歯疑惑」(4月14日更新)
ひとはみっちゃんの微笑ましい日常コント(^^)
同じコンセプトでVol.82と悩みましたが、珍しくみっちゃんの掌で踊らされてるひとはに1票v

Vol.99「ひとはと偽装」(5月26日更新)
6歳児三女さん可愛過ぎ問題!
Vol.97Vol.98とセットで愛でたい「可愛いだけシリーズ」3部作、ひとはスキー的にはやはりこの1本が格別です♪

Vol.100「家族の成長」(6月2日更新)
そして大団円へ…
ドタバタ劇の底を流れる温かみ。これぞ『みつどもえ』の味わいですb

一旦閉幕で“再演”が待たれる「週みつ」劇場はこちらで公開中ですので、まだ読んでないという方は是非チェックしてみて下さい。
以上、2016年の『みつどもえ』振り返りの補遺でした!


関連サイト
Champion タップ!

関連記事
猫と女児の私-みつごのたましい

関連エントリー
『みつどもえ』振り返り語り2016
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.79はダウジングvs盗撮セレブ
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.80は油ずきんちゃん?
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.81は「黒子の得点係」
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.82は二人三脚で姉妹漫才
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.83はくたびれみっちゃんin二次元
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.84は呪い呪われ遠隔同居?
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.85はギャンブラー再戦
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.86はオリオンちゃんのアイデンティティー
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.87は寿司マスターへの道!
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.88はSSS隊解散シミュレーション?
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.89はガチレン・トライアングル
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.90はコタツ教室
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.91は三十路「哀」の劇場
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.92はお豆ポロポロ
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.93は虫歯コンプレックス
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.94は押し掛け恋愛相談
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.95は戦慄コレクション
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.96は秘所でひっしょりと…
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.97は痴女今昔物語
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.98は超人今昔物語
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.99はむふ今昔物語
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.100は丸井家今昔物語で大団円!

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1739-47a97f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック