たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
『てーきゅう』8期BDはオリジナル描き下ろし特典あり!
『てーきゅう』連載5周年おめでとうございます(1月遅れ;)

 ルーツ先生のツイート→『ルーツビア』も同時連載
 Piyo先生のツイート→てーきゅう5さい!

連載開始から半年足らずアニメ化決定した作品なので、アニメも今年で5周年を迎えるわけで…
来月28日にBlu-rayBOX発売も控えているアニメ『てーきゅう』。発売延期とかもありましたが、無事に8期Blu-rayが発売されました♪



今巻も特典は盛り沢山!
映像特典に未放送エピソード2本ノンテロップOP2本、音声特典にはオーディオコメンタリー3種(計132分)というお馴染みの構成ですv

特筆ポイントはオリジナル描き下ろしの「先輩とスター・ウォーズ」。
ルーツ先生の描き下ろしネームを直に映像化ということで、下敷きとなった“原作”は無し。つまり、視聴後にコミックスで答え合わせができませんw
もう1本の「先輩とストレイト・アウダ・コンプトン」も単行本未収録の特別編で、こちらは原作公式サイトで配信中です(オールカラー!)

そんな「闇面」2本の感想も込みで、観て聴いての雑感を…
約3ヶ月ぶりの『てーきゅう』記事です(^^)
まずはメニュー画面。
BGMは「ニホンゴワカリマセン」で固定? それとも「グルテン哀歌」に切り替わる条件があったりするんでしょうか…ワカリマセン(^^;)

最初にノンテロップOPから再生するのがいつもの手順です。
オンエア中の視聴はPCモニタ(ニコニコ動画)なので、TVの大画面で改めて観ると新鮮なんですよね。あと、テンションを視聴当時に戻すのに一番手っ取り早いw

この後は本編を振り返りながらオーディオコメンタリーを聴き、映像特典に差し掛かったところで一旦止めて「闇面」を副音声OFFで視聴→コメンタリー再開…という順序ですが、感想は「闇面」の方を先に(^^;)

オリジナル描き下ろしの「スター・ウォーズ」はトマリン里帰り回。
「帰れるんかい!」というツッコミは置いといて、ママリンパパリンが登場です。某宇宙ポッドみたいな実家も再建済みw
トマ汁細胞分裂式…ますます謎めくトマリンの生態(^^;)
トマリンは家出感覚で坂東家に出戻るし、トマリンとさほど関わり無かったかなえ先輩は地球外留学しちゃうし、80億光年が軽いww

2本目の「ストレイト・アウダ・コンプトン」は尺の余りをユリちゃんの歌とオッサンのスローなセリフで埋めるスタイル(^^;)
房総半島を国道に沿ってザク切りとか、ベネズエラ産もちょくりょぺちょきん20000円(高いw)とか、独特のセリフ回しや語感が絶好調w
絵柄もシュールさに拍車を掛けていて攻めの『てーきゅう』(後述)の見本みたいな内容ですが、「スーパー!スーパー!ですわね♪」なすの先輩は妙に可愛い(^^)

さて、裏話から無関係な雑談まで満載のオーディオコメンタリーは恒例の3本立てです。
板垣監督がメインキャスト4人と個別に対談する形式のキャストコメンタリーが8分×4、板垣監督とルーツ・Piyo両先生による作り手目線のスタッフコメンタリーが50分、「サブキャラオールスターズ」が50分v

・渡部優衣×板垣伸(87面・88面・89面・92面)
渡部さんのCDや一人カラオケの話とかルンバの話とかw
8期OPがダブル主題歌になった「大人の事情」もむにゃむにゃ(^^;)
最後のやりとりは渡部さんの『てーきゅう』愛を感じました。12期目指してまだまだこれから!

・三森すずこ×板垣伸(85面・86面・93面・95面)
それぞれの年末年始の話題から。監督の故郷である名古屋ではまだ『てーきゅう』のイベントが無い…そうなんですよねぇ(^^;)
三森さんの中学~大学の話から波及して、声優業に対する考え方まで。『てーきゅう』の仕事にやり甲斐を感じられているという発言が嬉しいです(^^)

・鳴海杏子×板垣伸(90面・91面・93面・94面)
収録時期は去年の11月頃? フリーになる前と後で生活が変わった点は「ラジオ体操始めました」とのことw
8期はパワフルでアクティブなエピソード揃い。同感♪
「面白さで理屈を超えればいい」という“ルーツ作品論”が面白かったです(^^)

・花澤香菜×板垣伸(86面・92面・94面・96面)
序盤は花澤さんの帰省話。「香菜はプロだなぁ」(byお祖父さん)
「『てーきゅう』を演ると元気になる」は納得です。まりも先輩のハジケた演技、楽しそうですもんw
巳年だという花澤さん。「ヘビのイメージ」のくだりで口に出かかったのは「なでこスネイク」ですよね?(^^)

・板垣伸×ルーツ×Piyo
ルーツ先生ご出産おめでとうございます(※ルーツ先生は男性)
OPを2画面分割で同時に流してうどん子とトマリンを疑似的にデュエットさせる作戦もOKが出なかったという話から始まって、原作サイドからはルーツ先生が諸々のネタの由来を開陳。ラーメン屋のネタがネットで仕入れた情報だったり(二郎系ラーメン店に行った経験なしw)、言葉の響きで採用したらしい「エギング」(イカ釣り)の知識は伝聞だったり、ルーツ先生の好奇心の幅広さがマニアックなネタに繋がっているようです(^^)
中でも興味深かったのが、キャラクターありきの「守りの『てーきゅう』」とキャラに頼らずギャグで勝負する「攻めの『てーきゅう』」という概念の区分。これこそ『てーきゅう』の面白さの両輪ですよね~
(ちなみにPiyo先生が「攻めと守り」と言おうとして「攻めと受け」と言い間違えそうになったのをtaraの耳は聞き逃しませんでしたよw)

・サブキャラオールスターズ
顔触れは7期BDと同じく、高橋伸也さん・町田広和さん・三宅麻理恵さん・相馬康一さんの4人。本編映像のコメンタリーというよりラジオに近い自由な進行とノリはいつも通りですw
ラーメン屋回の「その辺のオッサンのサイン」は伸也さんの本物。オンエア当時の感想では全く気づかず&一切触れずで大変失礼いたしました<(_ _)>
ツイッターからのリクエストで町田さんが挑戦することになった「全セリフ一人アフレコ」は、よりによって入れ替わり回w 初見でコレは無茶ですって(^^;)
その後で「お手本を」とばかりに挑戦した伸也さん(素材は94面)が完璧過ぎてシビれました。セリフが映像を追い抜くという奇跡までw
後回しにされた「『てーきゅう』の好きなキャラ」の話題が結局触れらないまま終わったのは残念でしたが、9期のBD特典で改めて…

オーディオコメンタリーの公開収録イベントのプランは是非とも実現して欲しいですね~(東京開催なら自分は参加できませんが^^;)


関連サイト
TVアニメ『てーきゅう』公式サイト
『てーきゅう』原作公式ページ@コミック アース・スター

関連エントリー
2分アニメ『てーきゅう』が面白い
『てーきゅう』DVDは1枚で全話収録!
『てーきゅう』2期BDも全1巻!
『てーきゅう』3期BDも特典満載!
『てーきゅう』4期BD&『高宮なすのです!』BDで計半年分!
『てーきゅう』5期BDもお買い得!
『てーきゅう』6期BDはルーツ先生画完全再現!
『てーきゅう』7期BDは8期への架け橋!
『てーきゅう』本領 8期!
アニメ感想 『てーきゅう』第85面「先輩と蝿の王」
アニメ感想 『てーきゅう』第86面「先輩とセブン」
アニメ感想 『てーきゅう』第87面「先輩と28日後…」
アニメ感想 『てーきゅう』第88面「先輩とタイタニック」
アニメ感想 『てーきゅう』第89面「先輩と戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版」
アニメ感想 『てーきゅう』第90面「先輩とナイトミュージアム」
アニメ感想 『てーきゅう』第91面「先輩とオブリビオン」
アニメ感想 『てーきゅう』第92面「先輩とフェイス/オフ」
アニメ感想 『てーきゅう』第93面「先輩とワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
アニメ感想 『てーきゅう』第94面「先輩とワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」
アニメ感想 『てーきゅう』第95面「先輩とエネミー・オブ・アメリカ」
アニメ感想 『てーきゅう』第96面「先輩とサタデー・ナイト・フィーバー」
『てーきゅう』8期主題歌CDはダブルスでv

テーマ:てーきゅう - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1754-4109780f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック