たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
拍手返信(~2017/03/23)
不具合頻発のSleipnirに替わって最近はChromeを極力使うようにしてるんですが、どうも慣れない…(^^;)

また少し間が空いてしまいましたが拍手返信です。メッセージありがとうございます(^^)
以下、『みつどもえ』の339&340卵性(今月号)の内容に触れている部分があります。未読の方はご注意下さい<(_ _)>
from みつたまさん
>『ワールドトリガー』第18巻
成分補給は出来ましたが、なおのこと続きを渇望する気持ちが強くなってしまった…!‥

初めは隔週からでもいいので、継続的な補給の再開が待ち遠しいですね~
コミックスが無事刊行されたところを見ても、復活は遠くないはず!

‥>漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性
‥修学旅行は6年生でなくてはあり得ない、スペシャルなイベントですものね~。‥
女子18人の相部屋とか! 枕投げとか! お風呂とか!  お風呂とか!‥

お風呂は千葉氏が何もしないはずがありませんねw
夜の部屋割りも気になります。大部屋なのか4~5人ずつなのか…

‥これまで築いてきた安定した関係が揺るがされて、各々の弱さや立ち位置なんかも浮き彫りになった感があります。
そしてみっちゃんはやっぱり行動もイケメンだよなぁと。こういうとこ大好きよ。‥

班決めは熾烈で残酷なイベント…
みっちゃんのイケメン行動は、その男前っぷりに当てられた杉ちゃんが「じゃあ私も」って言い出すかとw

‥いやあ涙するさっちゃんにはドキッとしてしまいました。
誰かを傷つけて泣かせてしまうなんて経験はひとはにとって初めてだったでしょうし、人間関係においてひとはがこれほど後悔したことはなかったはず…。‥

あの1コマは凍りつきましたね。決定的な破局を免れられて本当に良かった…(^^;)

‥言い淀んでもにょもにょしてるとこが、いかにも謝り慣れていないひとはらしいなとw
そのあとで決まりが悪そうに俯いているとこも可愛い。‥

もにょもにょ口調と「守護霊」云々の言い訳は相変わらずw
でも、しっかり「ゴメン」って謝ってるのが大きな進歩(^^)

from みつたまさん
‥詩織王国民的にも詩織様の出番が増えて目立つのは大歓迎なので、いいぞもっとやれって感じですw
最後のコマの涙目でゲ○吐きそうになってる詩織様とかたまりません。‥

みつたまさんがおかしな嗜好に目覚めてしまった…
当初の「SSS隊の一員」から伊藤さん独自の設定が広がってますよね。そういう意味でも田渕くんとの関係には注目です(^^)

‥誰かが誰かに告白する、なんてド直球な恋愛関係はみつどもえでは意外とないものですよね。今は亡き久保田くんくらい?‥
田渕も可哀想になるくらいお人好しで良い奴ですし、ちょっとだけ応援してあげたい。‥

久保田くん…さっちゃんの気を引く為にそこまでw
ストレートなラブ展開、吉岡さんが鼻血噴いて卒倒するくらい濃厚なのを所望します!

‥千葉氏に触れられおがちんOUT→加藤さんも後ろが男子なのでOUTで、しょうがない隊全滅END…。‥
勝敗は席割りの時点で決していたッ!(ゴゴゴ…)
まともにゲームが成立しませんねw

‥描けるものをみんな描いて最終回に至った感じでしたねー。名残惜しくもあり余韻たっぷりでもあり……結構な長期連載になり、そしてそれに相応しい終わりだったなと思います。‥
『実は私は』の最終話感想へのコメントありがとうございます(^^)
コミックス最終巻の感想は書きたい、と思ってる内にタイミングを逸してしまった感が;
エピローグにもたっぷり話数が割かれて、まさに「描けるものをみんな描いて」の大団円でしたね~

from zenitさん
‥運動会も毎年やっているので修学旅行も毎年行っても構いませんねッ!‥

みつどもえ時空の設定を活かして、行き先が毎回変わったりすると面白いかもw
修学旅行に比べて規模はダウンしますが遠足も!(^^)

‥1卵性のフルーツバスケットは本当に6ー3だったのかと思う位に変わりましたね。何であそこまでアウェイ感があったのかと。‥
アウェイ解消の要因は色々とありそうですが、三つ子が丸くなったというより各々の長所が表に出るようになったのかなと。
みっちゃんの場合、アンチの最先鋒だった杉ちゃんが陥落した(篭絡されたとも言う)のが大きいのかもw

‥さっちゃんのガチ泣きは結構心に来るものがありました。これまであれだけ常軌を逸した言動を繰り返していたので・・・
おかしい子ですけど、繋がりは常に欲してるんですよね。
夢中になってる最中は周りが見えなくなってるだけで(^^;)

‥SSS隊が宮下さんに汚染されてウザくなる未来しか見えない。‥
ただでさえ変態なのに、上乗せでウザくなったらもう地獄です。佐藤くんがw

‥横にいて気付かない矢部っちは教師としてどうかしているとしか思えません・・・
好意的に解釈するなら「まじまじと見つめるのも…」と目を逸らしていたとかですが、普通に「矢部っちの目は節穴」でいいと思いますw

from MaKOさん
‥才川はいわゆるツンデレですが、デレに移行するのがものすごく速かったな~、という印象。

成程、そうなんですね~
アニメだとデレの速さ自体がネタになってる気がします。チョロいw

原作でももっと“溜め”があったと言うか、当初しばらくは高飛車キャラのイメージが強かったように記憶しています。
高飛車モードの才川も、もうしばらく見てみたかったかも(^^;)


関連エントリー
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.06「“記憶の島”-Steel Step Suite-」
『ワールドトリガー』第18巻、葦原先生に生存点!
漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『実は私は』最終話(チャンピオン12号)
アニメ感想 『小林さんちのメイドラゴン』第8話「新たなるドラゴン、エルマ!(やっと出てきましたか)」
アニメ感想 『小林さんちのメイドラゴン』第9話「運動会!(ひねりも何もないですね)」
トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1757-aa8925ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック