たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『武装少女マキャヴェリズム』第三節「麗しき刃「亀鶴城メアリ」」
『武装少女マキャヴェリズム』、略して『武リズム』!(公式)
3話目もテンポいいですね~(^^)
vsメアリ戦を決着後の“駆け引き”まで一気に。
エロロ軍曹はNGでしたか~(スポンサーに角川入ってるのに…^^;)
ノムラが最後まで自制心のある男として描かれていたり、頭を強打したメアリの暴走に後付けの言い訳深い意図があったり無かったり、フォローが行き届いていたのは好印象ですw

月夜に解説役を担わせるのは、彼女の「耳」のアピールにもなって効果的なアレンジですね。日直のお仕事とのミスマッチも素敵w
公式サイトのキャストインタビューによれば、解説ゼリフは噛まないように予習して頑張っているとか…(メアリさんのフランス語も^^)

原作からの変更点としては、天羽関係のシーンを今回の話に集中させたのが上手いな~と。
原作の構成だとノムラも五剣も天羽も続々登場して情報過多気味なので、導入は“ノムラvs天下五剣”の構図を前面に出して定着させてからおもむろに因縁キャラをクローズアップ…というアニメ版の方が収まりいいですよね。
天羽が「断じて」を連呼し始める直前に回想を挟んで、ノムラの記憶の「アモウ」と眼前の“女帝”が同一人物だと視聴者に印象づける辺りも細やかです(^^)


関連サイト
TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』公式サイト

関連記事
単なる誤解だ/武装少女マキャヴェリズム 3話感想-Wisp-Blog
武装少女マキャヴェリズム―原作と見比べてみる第3話と感想― -龍桜月歌の気まぐれなブログ

関連エントリー
アニメ感想 『武装少女マキャヴェリズム』第一節「素晴らしき刃「鬼瓦輪」」
アニメ感想 『武装少女マキャヴェリズム』第二節「「貞淑寮」騒乱」
トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1777-e0b5051c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
 回想で顔隠して下着隠さずのメインヒロイン。善哉。
2017/04/24(月) 22:49:20 | Wisp-Blog