たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『みつどもえ』343卵性(別冊チャンピオン6月号)
『みつどもえ』は修学旅行、『スピドメ』は体育祭。
どちらも半年くらい続いて欲しい!(^^)
ということで、修学旅行編続行中の『みつどもえ』♪
前回は衝撃のラストからの「つづく」でしたが、本当に続いたw

しかも、おがちん佐藤くんに告白するという一大決心を一挙16Pで追うワクワクの展開!
前エピソードの後日談を描きつつ、告白イベントも枕投げも盛り込んだ賑やかな内容で、人間関係も大きく動いた感動巨編です(^^)

裸を見られた=「責任取ってもらわなきゃ」の発想が先月の感想と完全に一致でしたが、そこから「(愛の)告白」まで飛躍するとは…
抜け駆け厳禁の掟も今回ばかりは封印で、フェイントも寸止めも無くガチで告白まで。未だかつてないラブコメ濃度!

「佐藤くんのことが好き」
正面からぶつけたおがちんの気持ち。
佐藤くんにしてみれば「散々付きまとわれてるストーカーから今更告白されても…」って感じでしょうけど、それでも直後の表情はドキッとしてましたね。日頃から女の子にキャーキャー言われててもストレートに「好き」と言われた経験は無かったり?(ふたば以外)

「でもっ…真由美のことはもっと大切なの…!!」
こちらの告白もおがちんの本心の吐露ですよね。
佐藤くんへの想い以上に大切な、共に佐藤くんを慕う同志=加藤さんとの友情。誰かさんの暗躍でおがちん孤立の傾向がこのところ顕著だったSSS隊ですが、おが×まゆの絆は不滅でした(^^)

おがちんの佐藤くんひとすじなスタンスは今後も変わらないと思いますが、今回の二段告白でおがちんの恋も一区切り…
そんな気がして、そっと目尻を拭うおがちんスキーが一人(^^;)

そして、ついにふたばにも思春期が…!?
おがちんの佐藤くんへの告白を聞いたふたばの意味深な反応。しんちゃんを反射的に呼び止めた行動と表情が、言葉にならない胸のざわつきを絶妙に表現していましたね~
今後のふた×しんから目が離せません(*^^*)

伊藤さんは因果応報を自ら体現w
先々月からの前振り=田渕くんの告白もしっかり取り込んで、綺麗な勧善懲悪オチでした(^^;)

セッティング担当の吉岡さん(本日の主役w)には感謝♪
「みんなの好きな人を私が決めてきました」ってツッコミどころしかありませんけど、チョイスそのものはなかなか考え抜かれてました(一部雑な組み合わせもw)
本当なら矢部っちの部屋に押し掛けて欲しかったひとはは、さっちゃんの帰還を待ちながらやきもき。イベントを横目にずっとさっちゃんを心配してたんだなぁと解るラストのコマが素敵です(泣いてる…)

のりお先生によれば「3ヶ月くらい」らしい修学旅行編は今月号がその3ヶ月目ですが、旅程はまだ初日を消化したのみ。
わざわざ2泊3日で設定されてるんですから、2日目以降の描写が何も無いってことは無いと思いますが…

(追記)
zenitさんの感想記事(後半)を関連記事↓にリンク追加です。
小生2日目も読みたい!!


関連記事
343卵性『佐藤は戦場へ行った』-みつごのたましい
みつどもえ343卵性・前 独裁政権・・・/年齢制限アリ!?-Made in USSR bis
みつどもえ343卵性・後 エントリーくらい・・・させてよ・・・/小生しんちゃんと一緒に寝たい!!

関連エントリー
漫画感想 『みつどもえ』274卵性(別冊チャンピオン6月号)
漫画感想 『みつどもえ』283&284卵性(別冊チャンピオン11月号)
漫画感想 『みつどもえ』301卵性(別冊チャンピオン8月号)
漫画感想 『みつどもえ』310&311卵性(別冊チャンピオン1月号)
漫画感想 『みつどもえ』324卵性(別冊チャンピオン8月号)
漫画感想 『みつどもえ』335卵性(別冊チャンピオン2月号)
漫画感想 『みつどもえ』336卵性(別冊チャンピオン2月号)
漫画感想 『みつどもえ』337卵性(別冊チャンピオン3月号)
漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『みつどもえ』341&342卵性(別冊チャンピオン5月号)
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.88はSSS隊解散シミュレーション?
“矢部ひと”に惹かれる三つの理由

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1793-8011f9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック