たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『みつどもえ』344卵性(別冊チャンピオン7月号)
今月号の『みつどもえ』はセンターカラー!
4月号から足掛け4ヶ月に渡った一大イベント「修学旅行編」、堂々のフィナーレです♪

当初は「3ヶ月くらい」という話でしたので、果たして今月も続くのか注目していましたw
と、いうことで「修学旅行編最終話」の344卵性。集大成感があって最終回っぽいカラー扉はちょっとドキッとしますね(^^;)

扉絵を飾る記念写真は1枚1枚にツッコミどころや食いつきどころ満載でウズウズしますが、その中でもやはりこの1枚に触れずに済ませるわけには…
矢部ひとのツーショット!三十路写真邪魔

ひとはも白目剥いてなくて、なかなか悪くない写真写り。
正面からの構図ですし、矢部っちがピースサイン作る余裕はあったようなので、身構えるヒマも無く撮られたわけでもなさそう。
苦手を克服しつつあるのか、矢部っちと一緒のところを撮られたがゆえの自然体なのか…いずれにしても微笑ましい1枚です(*^^*)

修学旅行は一気に時間が飛んで最終日。
旅程は2泊3日。「2日目は!?」って感じですが、宙に浮いていた「自由行動する班」の件がしっかり消化されてスッキリです(^^)
というか、丸1日以上ずっと廃人状態だったらしい伊藤さんw

班分けは結局、宮住さんが佐藤くんを引き込んだんですね。SSS隊の待ち受ける悪夢のグループ…(イカれたメンバーw)
宮留さんを頼みの綱にする佐藤くんとか、完全アウェイでも全く自重しない宮道さんのウザ無双とか、色々面白いモノが見れました(^^)

「噂には聞いてたけど…あんた相当うっとうしいわね!!」
噂ww
考えてみたら今まで直接絡む機会が無かった宮古さんとSSS隊。加藤さんのことを「君」呼びしてたり、男装ネタを知らないおがちん達にドン引きされたり、何か新鮮w
吉岡さんの名前をまたもや言い間違い(誤植…)はいかがなものかと思いますが、デリケート過ぎて誰も訊けない質問を直球で放り込む無神経さはある意味尊敬します(^^;)

真っ白になってもめげないどころか、ちゃっかり佐藤くんを人気の無い場所へ引きずり込んで復活を果たした伊藤さん…そのたくましさには尊敬を通り越して感動ですw
久し振りに策が裏目に出ることなく成功。これぞ暗躍の腹黒クィーンの本領ですね~

この修学旅行いいところ無しでしたけど、最後の最後で美味しい思いができて良かった…と言っていいのかどうか。
佐藤くんの憔悴っぷりを見ると躊躇われます(^^;;)


関連記事
344卵性『三百八高地』-みつごのたましい

関連エントリー
漫画感想 『みつどもえ』267&268卵性(別冊チャンピオン3月号)
漫画感想 『みつどもえ』310&311卵性(別冊チャンピオン1月号)
漫画感想 『みつどもえ』313卵性(別冊チャンピオン2月号)
漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『みつどもえ』341&342卵性(別冊チャンピオン5月号)
漫画感想 『みつどもえ』343卵性(別冊チャンピオン6月号)
“矢部ひと”に惹かれる三つの理由

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1808-03387ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック