たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『みつどもえ』345卵性(別冊チャンピオン7月号)
修学旅行編は完結しても、『みつどもえ』はまだまだ続く…
今月号の2本目、345卵性の感想です(^^)
「と…年をとっている!!」(ドン) な幕開けw
修学旅行編のエピローグっぽい雰囲気が1コマでどこかへ。上尾の日常が戻って来ました(^^;)

吉岡さんが留守の間の吉岡家に何があったのかは触れないことにしますが(水入らず過ぎて瑞々しさがw)、他の家ではどんな出迎えがあったのか気になりますね。
特に寂しい思いをしたはずの草次郎パパと一郎太は果たして…

ナマコちゃん問題ついに解決。
人間関係にまたしても大きな動きがあったわけですが、収束に向かうどころかじゅんじぃ先生ひわい作家デビューというとんでもない事態に度肝を抜かれましたw
次のエピソードのサブタイトルは「エロ小説先生」で決まりですね!

ナマコちゃんの件を吉岡さんが薄々察していたのも意外でしたが、それ以上にひわい小説への食いつきっぷりがここまでとはw
紗江子ママも全く躊躇なく性癖をさらけ出してますし、大丈夫なんでしょうか…この親子(^^;)

ともあれ、これまで隠してきた秘密が実はとっくに…という“逆カミングアウト”が何ともドラマチック。胸を打たれました(^^)
ふたばと吉岡さんの入れ替わりネタとの絡め方も絶妙ですね~

ナマコちゃんと縁の深いひとは(発案者w)はこの一大事に立ち会えませんでしたが、この件が今後どう波及するのか楽しみですw
ひとは達にもあっさり知れ渡るところとなるのか、それとも新たな勘違いの種になるのか…(^^;)


関連記事
345卵性『君のナマ』-みつごのたましい
吉岡さん家の事情-みつごのたましい
みつどもえ345卵性 大人の女性ならやっぱりひわい小説だねっ/ナマコちゃんよりこれを書いた方がいいと思うな!!!-Made in USSR bis

関連エントリー
漫画感想 『みつどもえ』255&256卵性(別冊チャンピオン9月号)
漫画感想 『みつどもえ』275卵性(別冊チャンピオン7月号)
漫画感想 『みつどもえ』310&311卵性(別冊チャンピオン1月号)
漫画感想 『みつどもえ』325卵性(別冊チャンピオン9月号)
漫画感想 『みつどもえ』332卵性(別冊チャンピオン12月号)
漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『みつどもえ』341&342卵性(別冊チャンピオン5月号)
漫画感想 『みつどもえ』343卵性(別冊チャンピオン6月号)
漫画感想 『みつどもえ』344卵性(別冊チャンピオン7月号)

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1811-b3abd373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック