たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『プリンセス・プリンシパル』#05「case7 Bullet & Blade's Ballad」
引き込まれる頭脳戦と見応えあるアクションの両方を満喫することができるのが『プリンセス・プリンシパル』

どちらかというと策謀要素に比重を置いた話の方が好みなのですが、今回第5話のアクションは格別でした…
やっぱりアニメは動いてこそ♪
case7に遡ってちせ殿の加入イベント。つまりcase6までは出番なしということで、仲間入りは結構後になってからなんですね…
前回(case9)の件でどこまで信用していいのかという気持ちもあったのですが、その辺りの疑心暗鬼は払拭されました。
ちせの優しさを演出するワンシーンかと思った「いたいのいたいの、とんでけー」 が最後にあんな風に使われるなんて…(´;ω;`)

サブタイは「Bullet & Blade」でも、今回の主役は断然“刀”!
列車の屋根の上のアクションも燃えましたが、それ以上にクライマックスのちせvs十兵衛が凄かったですね。こういうのを「斬り結ぶ」って言うんだなぁと(^^)
剣閃も身のこなしもアクロバティックで、目を奪われる迫力でした。ワザマエ!

首筋を思いっ切り薙ぎ払われたベアトリスはあわや…((((;゚Д゚))))
どれだけ頑丈にできてるのか知りませんが、体ごと吹っ飛ぶ衝撃を首に受けたらタダで済まないんじゃ;;
自分が狙われてる身なのに、ベアトリスのそばまで移動して介抱してくれてたらしい堀河公はいい人(^^)

ところで、十兵衛襲撃前のシーンでアンジェとちせが歩きながら会話中に警備兵のトランプを抜き取ったり戻したりしてたのは一体…
目にも止まらぬ早業って感じでもありませんでしたし、何か演出上の意図が??と気になって、会話が頭に入りませんでしたw


関連サイト
TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式サイト

関連記事
プリンセス・プリンシパル:第5話『case7 Bullet Blade's Ballad』感想-イマワノキワ
プリンセス・プリンシパル 5話ツイート感想-Wisp-Blog
プリンセス・プリンシパル 第5話 『case7 Bullet & Blade's Ballad』-物理的領域の因果的閉包性

関連エントリー
アニメ感想 『プリンセス・プリンシパル』#02「case1 Dancy Conspiracy」
トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1848-fa3418db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
 サムライ・スパイ誕生秘話。
2017/08/16(水) 06:11:52 | Wisp-Blog