たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
『みつどもえ』徒然語り(後編)
いよいよ10月6日に最終巻発売を控えた『みつどもえ』
その前に気持ちの整理を…と始めた思い出話も、前編中編と来て今回が最後になる予定。
ペース配分をあまり考えずに書き綴ってますので、はてさて綺麗にまとまるものやら…(^^;)

あ、19巻のとらのあな限定版はしっかり予約しましたv
まだ予約してない方はお早めに!
・読切と集中連載(2015年1月~)
愛猫マムロンちゃんのデビューと前後して月刊少年チャンピオンに出張掲載された『半開きさん』(9年ぶりの新作読切!)を皮切りに、勢いを増すのりお先生の創作モチベーションは『みつどもえ』以外の作品へと拡がっていきます。

同じく月チャンのギャグ競作企画にエントリーした『ギャルサーの姫』と翌年の『ギャルサーの姫と秘密の答案』、そして2017年(つまり今年)には猫LOVEが高じて『猫と女児の私』という猫ルポ漫画(?)が講談社の月刊モーニング・ツーに掲載され、同誌には勢いでネームを切ったというパンツ漫画『委員ちょうの事じょう』も載りました。

「ほぼ週刊みつどもえ」の終了と同時に告知された『□□ッ□!』短期集中連載がちょうど去年の今頃でした。のりお先生約3年半ぶりの週チャン復帰(^^)
この集中連載をパイロット版として、『□□ッ□!』の本格連載がついに今週から始まります。
『みつどもえ』の終了と引き替えに…と考えると複雑な気持ちになりますが、こうして振り返るとのりお先生のエネルギーが“外”へ向かっていたのは明白で。『みつどもえ』の連載に一区切りをつけることになったのも必然の流れだったのかなぁと思えてきますね。
この先も当然のりお先生の作品を追い掛け続けますが、その“核”にあるのが『みつどもえ』であることは言うまでもありませんv

300卵性突破(2015年6月)
『みつどもえ』史上初の「児童会選挙編」が2015年の4月(後日談が5月)で、6月にはついに通算300話達成♪
お祝いムードの中、301卵性では初めての16ページ長編第1回キャラクター人気投票が実現しました(^^)

人気投票の結果はこちらで振り返り。
別チャン大量買いが懐かしい…w

誕生10周年(2016年5月)
「ほぼ週刊みつどもえ」が大団円を迎えたり『□□ッ□!』の集中連載があったりの2016年。
『みつどもえ』1卵性の掲載から10周年を迎えたメモリアルイヤーでもありました(^^)

三つ子漫画的にアニバーサリーな325(みつご)卵性や、みっちゃんわっしょい♪な328(みつば)卵性もカウント。
これまでのエピソードの中で積み重ねてきた設定を活かしたり、キャラクター相互の関係に変化を加えてさらに膨らませたり…
ギャグに振り切れたカオスな内容の回も多くて、まさに円熟期!な1年でしたね~

「うっかりトーちゃんのま~ったり日記」のと~しきさんと「みつごのたましい」のみつたまさんのお二人と、またもやご一緒する機会に恵まれたのもちょうどこの頃。その節は大変お世話になりました(^^)
なお、みつたまさんとはこれ以外にも幾度か逢瀬を重ねてますw

・締め括り(~2017年8月)
突然の終了告知が今年の7月で、8月12日発売の9月号で堂々完結を迎えた『みつどもえ』。
唐突には感じましたが、ここ1年ほどのエピソードを振り返ると納得できる部分もありますよね。おがちんの恋に一区切りがついたり、ナマコちゃん問題が決着したり。待望の「修学旅行編」もありました(^^)

注目の最終回。『みつどもえ』の最終回なんて来るはずないと思っていましたが、もし最終回があるなら…と勝手に妄想していたのが1卵性のなんでもバスケットのリターンズでした(^^;)
三つ子の立ち位置の変化(特にひとはの成長)が如実に見られて、それはもう感無量だろうなぁ…と。
実際の最終回はいつも通りの日常回。終わりを意識させない終わり方が『みつどもえ』らしいな~としみじみ。

終わってしまったことは寂しいし悲しいですが、長期休載中の宙ぶらりんで落ち着かない日々を思えば今の状況がどんなに幸せか…
明鏡止水には程遠いですが、それでも今は静かな気持ちで最終巻の発売を待っています。


「徒然語り」はこれで終わりますが、『みつどもえ』についてはまだまだこれからも語ります!
とりあえず矢部ひとに焦点を当てた記事を一つ二つ書きたいと思ってますし、ひとはとおがちんについては個別で語りたいことも…(^^)

2017年の「振り返り語り」もありますし、みつどもえカテゴリの記事はまだまだまだまだ続くということでよろしくお願いします♪


関連記事
半開きさん-みつごのたましい
ギャルサーの姫-みつごのたましい
ギャルサーの姫と秘密の答案-みつごのたましい
猫と女児の私-みつごのたましい
委員ちょうの事じょう-みつごのたましい

関連エントリー
『みつどもえ』うろ覚え語り
“矢部ひと”に惹かれる三つの理由
漫画感想 『みつどもえ』289卵性(別冊チャンピオン2月号)
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.34はのりお先生の猫日記?
漫画感想 『みつどもえ』295&296卵性(別冊チャンピオン5月号)
漫画感想 『みつどもえ』297&298卵性(別冊チャンピオン6月号)
漫画感想 『みつどもえ』300卵性(別冊チャンピオン7月号)
漫画感想 『みつどもえ』301卵性(別冊チャンピオン8月号)
漫画感想 『みつどもえ』303卵性(別冊チャンピオン9月号)
『みつどもえ』第1回人気投票振り返り
漫画感想 『みつどもえ』313卵性(別冊チャンピオン2月号)
漫画感想 『みつどもえ』320卵性(別冊チャンピオン6月号)
「ほぼ週刊みつどもえ」Vol.100は丸井家今昔物語で大団円!
『みつどもえ』第17巻は10周年記念巻!
漫画感想 『みつどもえ』325卵性(別冊チャンピオン9月号)
漫画感想 『みつどもえ』328卵性(別冊チャンピオン10月号)
チャンピオン44号雑感 のりお先生おかえりなさい『□□ッ□!』
漫画感想 『□□ッ□!』VER.2.0(チャンピオン45号)
漫画感想 『□□ッ□!』VER.3.0(チャンピオン46号)
漫画感想 『□□ッ□!』VER.4.0(チャンピオン47号)
漫画感想 『□□ッ□!』VER.5.0(チャンピオン48号)
『みつどもえ』振り返り語り2016
「ほぼ週刊みつどもえ」振り返り語り2016
漫画感想 『委員ちょうの事じょう』(モーニング・ツー7月号)
漫画感想 『みつどもえ』339&340卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『みつどもえ』341&342卵性(別冊チャンピオン5月号)
漫画感想 『みつどもえ』343卵性(別冊チャンピオン6月号)
漫画感想 『みつどもえ』344卵性(別冊チャンピオン7月号)
漫画感想 『みつどもえ』345卵性(別冊チャンピオン7月号)
漫画感想 『みつどもえ』346卵性(別冊チャンピオン8月号)
漫画感想 『みつどもえ』347&348卵性(別冊チャンピオン9月号)
『みつどもえ』徒然語り(前編)
『みつどもえ』徒然語り(中編)
『みつどもえ』最終巻は来月発売!

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/1886-b3b209e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック