たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
『リズと青い鳥』を観て
『リズと青い鳥』を観に行きました。

京アニ制作『響け!ユーフォニアム』シリーズの最新作。
主役の違いやキャラデザの変更等、尻込みする要素も正直ありましたが、山田尚子監督作品ですので不安は無く…(^^)
事前の情報は入れずに鑑賞に臨みました。

観終わっての感想は…言葉にするのが難しいですね(^^;)
カメラのアングルやフォーカスとか、細やかな表情や動作とか、映像の一つ一つに意味が込められていることが素人のtaraにも伝わるんですよ。
もちろんその意味の中身まで全て理解できたわけではなくて、むしろ今振り返っても整理も理解もできてない部分の方が多いんですが、とにかく繊細で美しくて“芸術性”を感じる映画でした。

映画を観終わってすぐに「もう1回観たい!」と思った経験は何度もありますが、そのどれもが体感したばかりの“楽しさ”や“感動”をもう1回味わいたいという感覚なんですよね。
“楽しさ”や“感動”目当てではなく、純粋に「もう一度観直したい」という気持ちになったのは今回が初めてです…

そんなわけで、まとまりのある感想は無理なので感じたことを感じたままにざくっと書くにとどめます(ネタバレ有り
時間作れたら公開中にもう一度観に行って、改めて感想書きたいなぁと目論みつつ…(^^)
みぞ×のぞ
実を言うと、TVシリーズ(2期)の鎧塚先輩と希美先輩のエピソードが少し苦手でして…
どうも共感できないというか、特に希美先輩の言動には「無神経だなぁ」と所々で眉をひそめてました(^^;)

その辺りの消化不良感が解消されるかも?という期待も今回あったんですが、希美先輩は相変わらずで、鎧塚先輩もヤンデレ気味の依存がますます重症化しているという;;
でも、TVシリーズでは久美子視点の描写だった二人の関係を当人達に寄って見つめたことで印象は変わった気がします。上手く言葉にできませんが…

なつ×ゆう
いい意味で相変わらずだったのが夏紀先輩と優子先輩♪
新部長の奮闘と、それをさりげなく支える副部長の頼もしさ。関係性はそのままにそれぞれの立場が新しくなっていて、代替わりを実感できたところが感慨深かったです(^^)

・絵柄
始まってみると、心配していたほど違和感は無かったです。冒頭の絵本テイストな世界観からの導入がクッションになったのかも…
本編のようなキラキラした躍動感と一線を画した静かなストーリーなので、雰囲気重視のキャラデザ変更には納得です(^^)

久美子麗奈
出番は少なかった(特に久美子^^;)ですが、校舎裏の即席セッションは流石の存在感。相変わらず仲良しだな、君達w

・よろい…じゃなくて剣崎さん
新入部員達の中で一際目立っていた剣崎さんは、鎧塚先輩の世界を広げた立役者の一人ですね(もう一人は新山先生)
物怖じせずにグイグイ迫ってるように見えて、「みぞ先輩」との距離感を考え考えアプローチを重ねるいじらしさも。可愛がりたくなる魅力的な後輩ちゃんです(^^)

リズ青い鳥
鎧塚先輩も希美先輩も、それぞれがリズであり青い鳥でもあった…
エンディングクレジットでリズと青い鳥の少女のキャスト(本田望結さん)の一人二役を知って、成程そういうことだったのかと色々なことが腑に落ちる思いでした。
事前に情報を入れなかったお蔭で味わうことのできた、ささやかな感動です(^^)


関連サイト
『リズと青い鳥』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『響け!ユーフォニアム2』第五回「きせきのハーモニー」
アニメ感想 『響け!ユーフォニアム2』最終回「はるさきエピローグ」
アニメ感想 映画『聲の形』

テーマ:響け!ユーフォニアム - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/2015-f396e706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック