たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『リトルバスターズ!』第6話「みつけよう すてきなこと」
前回からの流れで重い展開を覚悟していましたが、観終わった後の気分はむしろ清々しく…
「リトルバスターズとは何なのか」(作品としての『リトバス』ではなく、理樹達が属するリトルバスターズというチームについて)が見えてきた1話だったように思います(^^)
悲しい記憶を「夢」だと自分に言い聞かせ、現実から目を背け続けてきた小毬ちゃん。
日頃あれだけ明るくてポジティブな小毬ちゃんには不似合いに思える後ろ向きな逃避に違和感すら覚えましたが、考えてみると小毬ちゃんのプラス思考は「幸せ」にばかり目を向けて「悲しいこと」からは目を逸らすアンバランスな危うさを含んでいたんだな…と思い至りました。
(でも、“幸せスパイラル”と“前向きマジック”は見習いたいですね^^)

放心した小毬ちゃんの暗い表情が本当に痛々しくて…
一夜明けても瞳に光は戻らないまま。ショッキングな映像でした。
「時間が経つと全てを忘れてしまう」のくだりは『AIR』が思い出されて切ない気持ちになりましたが、恭介達リトルバスターズの面々がまさに差し込む希望の光となってくれましたね(^^)

小毬ちゃんの絵本の続きを完成させようとする理樹を励ます仲間達の友情に感動!
特に、が寮の部屋を回って画材を集める姿には目頭が熱くなりました。人見知り激しいのに頑張りましたね(^^)
辛い時も悲しい時も、手を差し伸べて一緒にいてくれたり笑い合えたりする仲間。それがリトルバスターズ♪

理樹の言葉で小毬ちゃんの目に輝きが戻り、鈴の「小毬ちゃん」連呼で笑顔が戻る…この一連の流れがとても素敵な演出でした(^^)
頬を寄せ合って笑う鈴と小毬ちゃんの表情が最高v
EDの入りも良かったですし、最後のサブタイトル表示に小毬ちゃんの笑顔を重ねた締めもグッジョブでしたb


関連サイト
TVアニメ『リトルバスターズ!』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『リトルバスターズ!』第1話「チーム名は…リトルバスターズだ」
アニメ感想 『リトルバスターズ!』第2話「君が幸せになると、私も幸せ」
アニメ感想 『リトルバスターズ!』第4話「幸せのひだまりを作るのです」

テーマ:リトルバスターズ! - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/203-14e708f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
理樹:コマリさん、大丈夫?もう帰ろうΔ>真人:戻ったか?なんだ?ネコか?理樹:はいっていいよ→コマリがくる>どうしたんだ?ずぶぬれじゃないか>早く風呂場へつれってってや...
2013/03/06(水) 00:59:24 | ぺろぺろキャンディー