たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『みつどもえ』237&238卵性(別冊チャンピオン12月号)
月に一度のお楽しみの『みつどもえ』。今月もセンターカラーで2本立て♪

このカラー&2本立て編成って「別冊連載開始記念」と銘打たれてますが、果たしてどこまで続けてくれるのか…
柱の次号予告によれば来月もカラーで2本立てのようですが、巻頭と巻末の予告ページでは「カラー」とあるだけで「2本立て」とはどこにも書いてないんですよね;;
ともあれ、今月号の感想です(^^;)
空飛ぶほうきの重量制限が心配なカラー扉絵ページの裏は、「ほぼ」完璧なキャラクター相関図。
先月号でリニューアルされた柱のキャラ紹介枠(今月はさっちゃん吉岡さんを新たに紹介)と合わせて、新規読者に優しい仕様です(^^)

賑やかでカオスな『みつどもえ』の人間関係が解りやすく整理されているこの相関図。おがちんから“パンツ”への「ライバル視」とか、事情を知らない人には完全に意味不明ですねw
さっちゃんが今もチーム杉崎に属していることが確認できたり、SSS隊のストーキングスタイルが「変態」「腹黒」「平凡」と三者三様だったり、このページだけで相当楽しめます(^^)

↑の相関図を吉岡さんが描いたら、もっともっと複雑怪奇な図になりそう…みたいなことを考えてたところに“吉岡式相かん図”が炸裂した今回の237卵性。
229卵性で入院し、231卵性で血まみれ病院生活を披露したさっちゃんの復帰回(ついに?早くも?)でしたが、さっちゃんとひとはの仲睦まじさにジェラってる吉岡さんが素晴らしく可愛かったです(^^)

お化け屋敷から時間停止ドッキリに変更された退院祝い企画ですが、本物志向のさっちゃんを満足させられるようなお化け屋敷を作れたとも思えないので結果オーライかと(^^;)
それよりも「ドッキリ大成功!!」の札をテッテレーと出すひとはが見れなかったのが残念ですw

続く238卵性では何と乳首が解禁…(おばけの乳首ですけど^^;)
でも、裸族のおばけよりもふたばの格好(=寝間着1枚で下ははいてない)の方がエロかったようなw

あと、みっちゃんの痴女的発言(「透明人間になったら」→「脱ぐ」)は衝撃的でしたw
みっちゃんって、やっぱり露出癖g(ry

天才“美”少女霊媒師ひとはのアドバイスでおばけ嫌いを克服したかに見えたふたばですが、いざ深夜になるとやっぱり怖い…というのがちょっとリアルで可愛い(^^)
ふたばの鳥頭がオチへの布石になってる構成も上手いな~と感心。『みつどもえ』ならではの酷いオチですけどねw

(追記)
「Made in USSR bis」のzenitさんの感想記事を関連記事に追加。
“時間停止”は20分も続いてたんですねw 止まってたみんなも、静観し続けたさっちゃんも凄い…(^^;)


関連記事
みつどもえ237卵性 愛もいいけど友情もね/愛などどこにも無い-Made in USSR bis
みつどもえ238卵性 恥じらい!!/おっぱい出たよー!!-Made in USSR bis

関連エントリー
漫画感想 『みつどもえ』228&229卵性(チャンピオン35号)
漫画感想 『みつどもえ』231卵性(チャンピオン38号)
漫画感想 『みつどもえ』233&234卵性(別冊チャンピオン10月号)
漫画感想 『みつどもえ』235&236卵性(別冊チャンピオン11月号)

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/207-66e52610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック