たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
2018年TVアニメED10選
OP10選に続きまして、今年1年のTVアニメED曲のマイベストです。
例によってギリギリですw(去年ほどじゃありませんが^^;;)

TVサイズを基準に曲と映像の両面で評価、という選考方法はこれまでと同じくです。
以下、順不同で…
「コラージュ」衛宮さんちの今日のごはん

2018年もED10選入り第1号は三月のパンタシアの楽曲でした。
夕餉に心を馳せながら家路を辿る軽やかな足取りをそのまま歌にしたような、ほんわか温かくてしっとり落ち着くEDです(^^)
映像と曲はYouTubeの公式配信(第2話)でご確認下さい。転調パートのイリヤ「可愛い」五段活用は癒し♪

「ここから、ここから」宇宙よりも遠い場所

タイトルの通り「ここから」と踏み出す前向きな歌詞と、静かに心が浮き立つ盛り上がり。今年一番勇気づけられたアニソンです。
ボーカルの4人(水瀬いのりさん・花澤香菜さん・井口裕香さん・早見沙織さん)はそれぞれ歌手活動もされている実力派揃い。斉唱パートは震えます…
OP紹介でもリンク引用した第1話の配信(ニコニコチャンネルバンダイチャンネル)で、イントロへの美しい繋ぎも味わって下さい(^^)

「Jewelry」カードキャプターさくら クリアカード編

早見さんの歌をもう1曲。「フォローバックが止まらない」!
『CCさくら』世代にドンピシャだという早見さんの作詞・作曲。歌詞にあの“無敵の呪文”が入ってるところにも作品愛を感じますね(^^)
旧作のテイストそのままに可愛く動き回る映像が幸せ。お気に入りポイントは沢山ありますが、あえて1つ挙げるなら「SAKURA」の6文字を全身で表現するさくらちゃんw

「トリカゴ」ダーリン・イン・ザ・フランキス

特殊ED含めて全6曲のEDが効果的に使われていた中で、特に胸に刺さったのが初代EDです。本編の不穏な引きに重なるイントロのゾクゾク感がもう堪りません(^^)
どこかノスタルジックで切ない曲調とエモーショナルな映像の相性もピッタリ♪

「風の声を聴きながら」スロウスタート

「コラージュ」と同時リリースのもう1曲。
実を言うと、『スロウスタート』を観始めた最初のきっかけは三月のパンタシアのED目当てでした(^^;)

OPの賑やかさからは一転、優しくゆったりとしたメロディーと映像(でもたまちゃんはやっぱり落ち着きが無いw)に癒されます。花名の心情を散りばめたような歌詞もグッと来る良EDです(^^)
作詞・作曲・編曲を担当している40mPさんはときのそらちゃんの「未練レコード」を作って下さった方ですね。併せて感謝♪

「ふゆびより」ゆるキャン△

1月期のアニメから何と6曲目…
夜明け前の静謐から朝日の暖かさまで。歌と映像による繊細な描写がとにかく素敵で、うっとりと浸ってしまうEDです。
時間の経過だけでなく「5人でキャンプ」に至るまでのストーリーも表現されている感があって、本編と相まって感慨が深まります(^^)

「GOLD EVOLUTION」Free!-Dive to the Future-

わちゃわちゃしたノリのED。こういうの大好きです(^^)
ボーカルはいつもの5人ですが、TVシリーズも3期目ということで映像ではオールスター集結。お洒落で楽しいダンスミュージカル♪
本編の中盤は暗めの展開が続いたので、Bパート終了から次回予告と同時にイントロに雪崩れ込む構成は気持ちのリセットができて助かりました(^^;)

残り3曲の選評は年明けに持ち越します…スミマセン!
→1月2日追記しました<(_ _)>

「色違いの翼」ヤマノススメ サードシーズン

あおいひなたのイチャイチャで振り返る四季(^^)



オンエア中の感想でも書きましたがイントロが大好き♪ 都合8回繰り返されるフレーズにテンションがどんどん上がっていくあの快感、クセになります…
お揃いだけど「色違い」な二人の関係を歌った詞も、本編の内容と密接にリンクしていて感慨深い後味。『ヤマノススメ』の主題歌はどれも名曲ですね~

「不可思議のカルテ」
 (青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

同じ曲をヒロイン5人で歌い継ぐリレーED。
6人目=翔子さんのソロは劇場版ですね(^^)



↑の桜島麻衣ソロ(CV瀬戸麻沙美さん)だけでなく各ヒロインVer.が公式で配信されてますv

 古賀朋絵ソロVer.(CV東山奈央さん)
 双葉理央ソロVer.(CV種崎敦美さん)
 豊浜のどかソロVer.(CV内田真礼さん)
 梓川かえでソロVer.(CV久保ユリカさん)

一見単調な映像ですがヒロインごとの細やかな描写の美しさも見過ごせません。ラストで向き合う相手に見せる表情は絶品!

「youthful beautiful」SSSS.GRIDMAN

タイトルの通りの“青春のまぶしさ”が歌・曲・映像の全てから溢れて来るような…(^^)
作中とは違う距離感で描かれる六花アカネの関係性に癒されたり心乱されたり、本編のストーリー進行に合わせて考えさせられることが多かったEDです。この先は最終話感想で!(?)


以上、2018年のED10選でした。
2019年はもう少し早めに着手しよう…うん(^^;)


関連記事
2018年テレビアニメ OP・ED7選-うっかりトーちゃんのま~ったり日記
テレビアニメED10選 2018-Parad_ism

関連エントリー
2012年アニメソング マイベスト
2013年&2013年度アニメソング マイベスト
2014年度アニメソング マイベスト
2014年TVアニメOP10選
2014年TVアニメED10選
2015年TVアニメOP10選
2015年TVアニメED10選
2016年TVアニメOP10選
2016年TVアニメED10選
2017年TVアニメOP10選
2017年TVアニメED10選
2018年TVアニメOP10選
アニメ感想 『カードキャプターさくら クリアカード編』第1話「さくらと透明なカード」
アニメ感想 『スロウスタート』Step1「はじまりのどきどき」
アニメ感想 『ヤマノススメ サードシーズン』第1話「筑波山で初デート!?」
アニメ感想 『ヤマノススメ サードシーズン』第12話「ともだち」

テーマ:アニソン - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/2136-c17ac5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック