たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『SSSS.GRIDMAN』第12回「覚醒」
2019年のアニメ感想第1号!…は去年の積み残し(^^;)
年末に観終わった『SSSS.GRIDMAN』最終回の感想です。
何から書いていいのか悩みますが、一番爽快だったのは全員揃っての「アクセスフラッシュ!」 と「懐かしい姿」のグリッドマン降臨!
新世紀中学生4人の声が初めて綺麗に揃ったのは感動でした(毎回見事にバラバラな掛け声も好きでしたけどw)
で、最終回のとっておきとばかりに本家(特撮版)の主題歌とデザインを解放したグリッドマン覚醒。本家の方をほとんど観ていないtaraでもシビれる演出でした。
あえてレトロな手描き作画でグリングリン動くアクションは昭和特撮テイストもあって、燃えるの何のって♪

アカネの救出を託されたアンチが頼まれたことをやり切ったのも感動でした。真打登場までの時間稼ぎ役かと思いきや…!
アンチがここまで魅力的な存在に成長したのは本当に想定外で、まさに最高の「失敗作」だったなぁとしみじみ(^^)
グリッドマンを倒す為に生まれた彼が、グリッドマンのいない世界でどのように生きていくのか。想像が膨らみます。

意表を突かれたのがラストの実写!
アニメに実写を取り込む演出(トレースではなく実写そのもの)って生理的にあまり好きじゃないんですけど、この場合は「アニメ(二次元世界)から実写(三次元世界)へ」という表現の意図が明快なのでアリだなと感じました。
いつもED映像の終わりでアカネが六花の隣から消えていたのは、この結末の暗示だったんですね…

最終的に特撮版の世界観と繋がった(=リメイクではなくスピンオフだった)という理解でいいんだと思いますが、「特撮の方を観ていれば解るんだろうなぁ」とぼんやり察せられるくらいの“余白の残し方”が絶妙ですね。
元々特撮は好きなので、本家の『電光超人グリッドマン』もいつかきちんと観てみたいです(^^)

ところで、ボラー「少年」って本当??
今の今までオレっ娘だと思ってました(^^;)


関連サイト
TVアニメ『SSSS.GRIDMAN』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『SSSS.GRIDMAN』第6回「接・触」
アニメ感想 『SSSS.GRIDMAN』第10回「崩・壊」
アニメ感想 『SSSS.GRIDMAN』第11回「決・戦」
2018年TVアニメED10選
2018年TVアニメ話数単位10選(不完全版)

テーマ:SSSS.GRIDMAN - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/2141-20b05763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック