たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『THE UNLIMITED 兵部京介』#01「超常脱獄 -Schooler of deadlock-」
『絶対可憐チルドレン』のアニメ2期…ではなくて(^^;)
兵部が主役のスピンオフ『THE UNLIMITED 兵部京介』が始まりましたね。

原作には無いストーリーを描いたオリジナルアニメ…ということで正直なところ期待よりも不安の方が大きかったんですが、これがなかなか面白かったです(^^)

飽くまで初回を観た限りでの印象ですが、原作ファンが先の読めないサイドストーリーとして楽しめるだけでなく、『絶チル』本編の原作・アニメを知らない新規の視聴者にも新作の異能力アクションアニメとして違和感なく受け入れられそうな…
そんな風に感じました。

ニコニコチャンネル等で現在無料配信中ですので、オンエア見逃した方は今からでもチェック可能ですv
ということで第1話の感想ですが、話のテンポは良かったしアクションシーンもよく動いてて見応えがあったと思います(^^)
原作(というか『絶チル』本編)との大きな違いは、アンディ・ヒノミヤユウギリというオリジナルキャラ2人の存在…それと“アンリミテッド・モード”ですね。
後者はちょっとビックリしましたw

実はボロボロな肉体への負担を軽減する為のリミッターを一時的に解除したんだな、と察しがつくのは兵部の設定を知っていればこそ。
新規視聴者の目にはただのチート能力としか映らない気がするので、兵部の体の状態を含めた諸々の説明は次回以降どこかで入るんでしょうね(^^;)

「解き放て…アンリミテッド」
「時よ…永遠に止まれ…」

エフェクトだけでなく、セリフもポーズもノリノリな件w
折角のアニメですし、こういう「いかにも」な決めゼリフもアリかなとは思います(^^)

原作者の椎名高志先生も「ブレーンの一人」としてこのアニメに参加されていますが、ご自身のブログで各話の解説を毎週アップされるという気合の入れようです(^^)
トーンの違いは「<部外者・ヒノミヤの見た兵部>の物語」だからという説明と、「原作とのつながりをあえて伏せ」たという意図の紹介は成程と感じました。
確かに、桃太郎のくぎゅボイスとカタストロフィ号の登場は『絶チル』ファン的に「おおっ」とテンションが上がるところでしたねv

新キャラ2人の素性と能力を始め、兵部はヒノミヤをスパイと承知の上で勧誘したのか、予告ナレーションを担当していた皆本は今後どう話に絡むのか…気になることが一杯で、次回以降も楽しめそうです(^^)

(余談)
作品タイトルの読み方ですが、「アンリミテッド ひょうぶきょうすけ」で「ジ」は読まないというのが公式だそうですね(ソースはこちら
そんなわけで、ページ右列の「視聴中アニメ」のリスト(五十音順)では『THE UNLIMITED 兵部京介』が一番上となっております(^^;)


関連サイト
『THE UNLIMITED 兵部京介』公式サイト

関連記事
TVアニメ『THE UNLIMITED 兵部京介』 第一話:「超常脱獄-Schooler of deadlock-」-完成原稿速報・ブログ版@椎名百貨店the web

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/268-d71c7b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
→京介さん軍と戦う京介:どうした、早く捕まえろ、ただし黙秘権お呼びガクラン着用権がある[刑務所]→喧嘩はじまる >豚どもが ほっておけ>大したもんだな>>アンディ:これっ...
2013/06/12(水) 19:41:09 | ぺろぺろキャンディー