たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『琴浦さん』第3話「嬉しくて、楽しくて」
まだまだ固まってない今期の視聴ラインナップ…
新たに『琴浦さん』が加わりました(^^)

1話・2話と視聴しながらこれまで視聴継続を決めかねていたのは何故かというと…(以下、内容に踏み込むので格納します)
衝撃のスタートだった第1話。そのインパクトは今期の新作アニメの中でもトップクラスでした。
ヒロインの琴浦さんは文句無しで可愛くて、主題歌も今期屈指の良曲で、本編も第2話で失速することなく見応えをキープ…
これだけ好条件が揃っていたのに即「視聴継続決定!」とならなかったのは、序盤2話ではまだ作品の方向性が見えなかったから。
シリアスとコミカルの振れ幅が大き過ぎて、どういうスタンスで視聴すればいいのか判らなかった…と言ってもいいかも知れません(^^;)

第1話のAパートであれだけ重いストーリーを見せた以上、それを棚上げにしてイチャラブにすんなり移行…とは行かないのだろうなとは感じていましたが、それでもOPの明るいノリやEDの救いに満ちた歌詞に安心していた部分があったと思います。
第2話のBパートのように重い描写はあるにしても、今後はOPみたいな明るいコメディを基本展開にして、EDの歌詞のように一歩ずつ前進する琴浦さんを描いていく…そんなイメージをおぼろげに抱きつつあった矢先の第3話。
(原作が4コマ漫画らしいという先入観も手伝って)ストーリーが大きく動く展開は正直予想していなかったので、衝撃的でした…
ということで、ここからが第3話の感想です(^^;)

まさかの琴浦さん音痴w
まさかの琴浦さん出奔。
真鍋君との出会いをきっかけに築き始めた「初めての」諸々を一気にここでリセットとは…

着実にソウルジェムを濁らせてしまっている森谷さんですが、彼女が敵意をぶつけた先が琴浦さんではなく真鍋君だった…という展開には実のところ救いすら感じてしまいました。
あれがもし琴浦さんが酷い目に遭わされるような展開だったら……
たとえ未遂に終わっていたとしても、taraのやわなメンタルは耐え切れなかったかも知れません;;

なので、真鍋君の「俺だけで済んで良かったわ」という言葉には心から頷けましたし、そんな男前な真鍋君にますます惹かれる琴浦さん…という形でひとまず今回の話はめでたく終了かと早合点してしまったわけですが、、、
真鍋君への感謝とか森谷さんへの怒りではなくて、ひたすら自分を責めて謝り続ける琴浦さん。これまで「周りの人が不幸になる」経験を重ねてきたことを考えれば無理もないリアクションなんですが、第1話のAパートを見ていながらそこに思い至らなかったことが恥ずかしい…
その点、「アイツは全部自分で抱え込んじまうんだ」と本質を見抜いていた真鍋君は凄いなぁ…と。

琴浦さんがいなくなった屋上。たたずむ真鍋君の独白に重ねたEDのイントロは心に突き刺さる哀しさで、聴きながら目尻が熱く…というか、正直ちょっとだけ泣きました(´;ω;`)
ここまでストーリーに引き込まれてしまった以上この先を観ないわけには行きませんし、3話続けてこれほど心を揺さぶってくれたアニメがこの先どのように展開するのか見届けたいです。
そして何より琴浦さんの笑顔が見たい!

ということで、今後も引き続き注目したいアニメです(^^)
(Aパートの感想も書きたかったんですが、テンションが戻りませんでした…いつになく暗い文章を長々とスミマセン;;)


関連サイト
『琴浦さん』アニメ公式サイト

関連記事
琴浦さん 3話「嬉しくて、楽しくて」-新しい世界へ・・・
琴浦さん3話を見て確信!今期のイチオシは琴浦さんで決まり(感想)-失われた何か
琴浦さん 第3話 感想-かめラスカルのアニメ&趣味の戯言
(アニメ感想) 琴浦さん 第3話 「嬉しくて、楽しくて」-ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

テーマ:琴浦さん - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/281-741d0f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
優しい琴浦さん。 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る
2013/01/28(月) 18:58:10 | 新しい世界へ・・・