たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
ジャンプ20号雑感 藍本松先生新学期読切『W.C.フレンズ』
“新学期SP読切5連弾”と題し、ジャンプ作家が「新学期」をテーマに読切を競作という面白い企画が開催中の4月のジャンプ

ジャンプに載る読切漫画ってどうしても連載作品のパイロット版的な位置づけの作品ばかりなので、文字通り「読み切る」ことができる純粋な短編漫画が読めるのはなかなか新鮮で嬉しいです(^^)
(次々号掲載の河下水希先生の読切はジャンプSQ.での新連載のプロローグということで毛色が少し違うようですが…)

第1弾『さくらん(仮)』(岩代俊明先生)はSF的設定。
第2弾『ジェダの通学路』(岩本直輝先生)はファンタジー的世界観。
それぞれ「新学期」を意外な切り口から描いていて面白かったですv(特に『ジェダの通学路』は一見変化球なのに実はド直球の「新学期漫画」なのが凄い!)

そして今週は藍本松先生の『W.C.フレンズ』が登場。
『MUDDY』『保健室の死神』の藍本先生ですので何かしら非日常的な要素を含んだ「新学期」のお話かな~と思いきや…

ということで、以下感想です(他の掲載漫画の感想も少し)
まさかストレートに「W.C.」でおトイレの話とはww
新学期、それも入学直後の新学期となれば「友達何人できるかな」は定番のテーマですが、「一緒にトイレへ行く友達が必要なの!!!」と叫ぶヒロインは初めて見たw(しかも川屋郁子というトイレ直行ネーム^^;)
サイコーです藍本先生w

郁子(ボケ)と深雪(ツッコミ)のやりとりがとにかく面白くて、読んでて笑い通しでした(^^;)
いきなり廊下に寝そべったり、ピンチとパンツを間違えたり、友達のスカートつかんで涙と鼻水拭い(てるように見え)たり、フリーダム過ぎる郁子の喜怒哀楽が楽しい楽しいw
クールなツッコミ役の深雪の男前な性格も素敵ですね。男子ドン引き(というより呆然?)のワイルドな実演とか、大きい声(&大きいコマ)で堂々と「うんこしてくるから」とか…w

散々笑わせてくれた末に心ほっこりな友情ストーリーまで見せてくれる大盤振る舞い♪
W(ワンダフル)C(チャーミング)親友(ベストフレンド)」には色々ツッコミ入れたいですが、実はヤキモチを焼いていた深雪さんがワンダフルにチャーミングだったので全てOKです(ぉ)

で、最後はやっぱりトイレオチ…(^^;)
いや~面白かったです♪

『トリコ』
スカッと快勝v
不死身や電気が云々以上にセリフ回しが面白いバトルでした(名前が記憶に残る残らないの皮肉の応酬^^)

『暗殺教室』
『ネウロ』の犯人レベルの狂いっぷり…(『ネウロ』ならリカちゃんハウスにG.I.ジョー人形を住ませて「家族」を熱く語りそうw)
今の時世だからこその体罰教師ネタかとも思いましたが、社会派な読み方は野暮なだけかも(^^;)
とりあえず、神崎さんはよく言った!

『ONE PIECE』
初登場から引っ張りましたけど、やっぱり藤虎でしたか…
数えるべきは敵の数よりも守るべき人の数。正論ですね~

あと、サンジが幸せそうで何よりです(^^;)

『食戟のソーマ』
タクミのキャラが美味しいww
今後も好敵手としての活躍に期待してます(^^)

『ニセコイ』
『ダブルアーツ』が懐かしい…
の百面相が実に眼福だった今回ですが、綴じ込み付録(J特製ドアプレート)の小野寺さんの「入っていいよ」の破壊力はそれ以上w

『ワールドトリガー』
ボーダー上層部が一挙登場。
お蔭で実力派エリート迅のインパクトが弱まってしまった感もありますが、それでも居並ぶ幹部達の中で存在感のあるところを見せてくれました(^^)

“サイドエフェクト”は『攻殻』の「そう囁くのよ。私のゴーストが」 的な?
オサムユーマの秘密が早くもピンチな展開ですが、迅さんは味方になってくれそうですねv(何だろう…この安心感^^)

今回登場したメンツで気になる存在は、被セクハラ要員の沢村さん…ではなくて(^^;)
切れ者っぽい雰囲気を漂わせていた唐沢さん、それとA級隊員でありながら列席を許されていた三輪隊長ですね。

唐沢さんからは『リリエンタール』シュバインさんと同じ匂いが…
さほど似てるわけでもないんですけど(共通項があるとすれば煙草と「ハッ」って鼻で笑う反応くらいw)、隙あらばのし上がる気満々…的な油断ならない印象を受けました(^^;)

三輪隊長はA級7位。嵐山隊のエンブレムが「A05」だったのを考えるとそこまで高い階級とも思えませんが、本部司令のお気に入りとか…?
洞察力は本物のようですし、こちらも要警戒ですね。

あと、本部長は読切版と別人でしたが“忍田”はオペレーターさんの姓の流用ですね(一昨年のジャンプを引っ張り出して確認^^;)
迅さんの名前も“遊一”から“悠一”に変更されてますので読切との関係性を考えても仕方ないのかもですが、わざわざ同じ姓を使ったのは何か意図があるのかな~と勘ぐってみたり…

『SKET DANCE』
ヤバ沢さんの言葉通り今更な話なわけですが、これまでの積み重ねを振り返ると感慨深…いと思ったのに、肩透かしなオチ(^^;)
というか、みんな知ってたのに椿だけ蚊帳の外なんですねw

『めだかボックス』
「未来へのブーケトス」編、あっという間に終了w
百輪走スタート時の期待が完全に空回りに終わって逆に清々しいですよ。やっぱり『めだかボックス』はこのくらい予定“不”調和でないとw

『めだかボックス』が学園ものである以上、めだかちゃんが学生の籍を失ったら流石にもうお終い…と思ったら、理事長として凱旋w
考えてみれば、めだかちゃんほど理事長という肩書が似合うジャンプヒロインもいないかも…(^^;)
開いた口がふさがらない不知火ちゃんの横顔が面白過ぎでしたw

続くと見せかけて今度こそ本当に終わる気がしないでもないですが、とにもかくにも次号に注目ですね(^^)
以下、98人分のメッセージの中から特に気になったものを抜き書きしてみます↓

「おまえはいいおっぱいやつ。」 (雲仙冥加
喋るだけでなく文字も書けるようになったんですね~
(おっぱいにはあえてツッコまないw)

「お姉ちゃんがついてるー。なんちゃってー。」 (黒神くじら
くじらお姉ちゃんが何か軽いw
名瀬夭歌としての「お前が幸せなら俺も幸せだぜ。」 のメッセージには心温まりました(^^)

「大好き!超好き!!」 (不知火半袖
序盤の「あたしはあなたがキライだし あなたはあたしがキライです」 から、ついにココまで来ましたよ(^^)

「喜界島と仲良くし続けてやってくれや。」 (種子島率
どれだけもがな推しなんだ、この先輩はw
この後もがなの「一生友達だよね!」 を読むと感慨もひとしお(^^)

「んじゃ 次は職場でね。」 (人吉瞳
これが伏線だったとは…(^^;)

「貴様は私にとって生涯最強の敵だった。」 (平戸ロイヤル
えっ…と(^^;)
新入生の平戸ゴージャスさんは妹ですかね。ガニ股と威勢の良さは姉譲りw

「理想とパンツは はき違えるな。」 (杠偽造
深い…と思ったけど多分気のせい(^^;)

球磨川と安心院さんからのメッセージはあえて明らかにしない趣向なのか、それとも次回(以降)に繋がる話なのか…

『新米婦警キルコさん』
バトルを缶蹴りにすり替えて自分達のペースに引き込む手際が鮮やかw

『HUNGRY JOKER』
熱い展開!
内容的にも掲載位置的にもクライマックスですが、吊り橋効果(?)でテンション増幅です(^^)


関連エントリー
ジャンプ11号雑感 葦原大介先生新連載『ワールドトリガー』
ジャンプ15号雑感 『めだかボックス』卒業式センターカラー
ジャンプ17号雑感 『めだかボックス』最終章(?)突入
漫画感想 『ワールドトリガー』第9話(ジャンプ19号)

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/374-b558223b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック