たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
今期スタートの「ロボット」アニメが熱い
4月も下旬に入ったというのに、このブログってば新作アニメの感想をほとんど書いてないですよねぇ;
1クール作品が折り返しを迎える頃(5月下旬)には時間に余裕ができる見込みなので、その辺りからギア入れていく予定です(^^;)

ということで、感想書きたいけど今は書けない今期アニメの話を…

前期(1~3月)はショートアニメが多めでしたが、今期はオリジナル&完全新作のロボットアニメが深夜枠に3本も集中してるのが特徴ですよね。

 『革命機ヴァルヴレイヴ』
 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』
 『翠星のガルガンティア』

タイトルだけ見ると区別がつかない…というのが視聴前の印象(^^;)
個人的にロボットアニメってあまり食指が動くジャンルじゃないんですが、とりあえず第1話をそれぞれチェックしてみたところ…
どれも面白かったんですよね~(^^)

早々に視聴リスト入りした3作品。整理を兼ねて、それぞれの現段階での雑感(いずれも2話まで視聴済み)をちょっと書いてみます。
個別の感想の代わりというより、まだ観てない方への紹介になれば…という感覚なので、ストーリーのネタばらしはしません。
第1話はニコニコチャンネルまたはバンダイチャンネルで無料配信中ですので、もし興味が湧きましたらチェックしてみて下さいv
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』
最初に観たのがコレでした。
キャッチコピーは「ザンネンだっていいじゃない。」ということで、ノリは意外にコミカル。
キャラデザが『ガンダムSEED』『蒼穹のファフナー』平井久司さん、という事前知識のみ(↑のキャッチコピーも知りませんでした)で視聴したので第1話はちょっと面食らいました(^^;)

平井絵なのにギャグ顔というかデフォルメされた表情が多いのが特徴的で、個人的には新鮮で面白いです。コメディ一辺倒というわけではなくて、ロボットアクションは迫力があって見応え十分!
思いつきレベルのイメージですが、『宇宙のステルヴィア』が好きな方であればヒットしそうな作風かな~と(^^)
(ちなみにangelaさんがEDを歌ってるのは『ヴァルヴレイヴ』の方です^^;)

今後の方向性はまだ判りませんが、シリーズ構成が吉田玲子さんということなので『カレイドスター』『ガールズ&パンツァー』のように“笑いや和み”と“燃え”を両立させたストーリー展開に期待♪
(第2話で流れたOPとEDの絵はシリアスな雰囲気でしたが…)

キャラの話も少し。「プリンス」なのに女の子が2人もいたのは嬉しい誤算でしたw(タマキ可愛いよタマキ^^)
主人公ポジションのイズルを演じるのがシンケンブルー相葉裕樹さん、というのも個人的には注目ポイントです(爽やかなザンネン男子を好演されてます^^)
各機体に専属のメカニックチームがいる設定で、脇役もかなり賑やかな印象ですね(『ナデシコ』とか『モーパイ』みたいな…って、何故かまた佐藤竜雄作品を連想^^;)

『翠星のガルガンティア』
次に観たのがコレ。
シリーズ構成・脚本が虚淵玄さんということで暗いシリアスストーリーをイメージしていたところ、いい意味で裏切られました(^^)
第1話のインパクトがとにかく強烈だったので、ネタバレにならないよう心掛けつつ話したい…と思いますが、先入観を持たずに楽しみたい方はこの先を読まずに第1話を即チェックされることをお勧めします♪

初回のAパートは視聴前のイメージ通りの雰囲気でした。
高度に機械化した人類と謎の生命体の戦闘、みたいなSF設定は自分の場合あまり魅力を感じないんですよね…もしBパートもあの空気で続いていたら、1話で脱落してたかも知れません(^^;)

ここから先をネタばらし無しで進めるのが難しいわけですが、第1話のサブタイトル「漂流者」が本編で回収されてからの展開がとにかく面白かった!
テンポがいい上に1話も2話も引きが素晴らしくて、グイグイ惹き込まれますね。戦闘が中心になりがちな搭乗タイプのロボットアニメとしては異色の構成ですが、だからこそ先が読めなくてワクワクします(^^)
(虚淵脚本なのでドキドキもします^^;)

『ふしぎの海のナディア』を連想…するのは、ヒロインのエイミーのキャラ造形によるところが大きいかも?(^^;)
でも、昔ながらのボーイミーツガール・ストーリー(恋愛関係に発展するかはさておき…)とか、新旧のテクノロジーが交錯する世界観とか、どこかノスタルジーを誘う匂いが全体的に漂ってる気はします(^^)

web上の評判で注目されてるように感じるのが、キャラクター原案の鳴子ハナハル先生。成人漫画誌で有名な方だとか…
カマトトぶるわけじゃないですが知りませんでした;(『かみちゅ!』は大好きですけど漫画版は読んでないですし…)
エイミーが可愛い♪(服の下で手を交差してパタパタさせる謎の仕草に萌え^^)

メカニックデザインの石渡マコトさんも知らなかったので調べてみたところ、『ロボティクス・ノーツ』でもメカデザインの原案を担当されてるんですね。主人公機がガンヴァレルっぽいのにも納得…w
(他に『PSYCHO-PASS』のドミネーターや『Fate/Zero』の宝具のデザインも担当。『ヴァルヴレイヴ』の方にも参加されてますね)

『革命機ヴァルヴレイヴ』
サンライズ制作ということで、3作品の中ではロボットアニメとして最も王道を行ってる作品だと思います。
ただのロボットアニメでは終わらない要素も盛り込まれていて、第1話の展開には度肝を抜かれました…

ストーリー構成は『コードギアス 反逆のルルーシュ』大河内一楼さん。ロボットだけでなく異能の力も存在する世界観や、学園アニメのノリも期待できそうなキャラ配置等、ギアステイストは感じます(^^)
(シリアス路線でありながらネタアニメ要素も…というところもギアス的かもw)

T.M.Revolution×水樹奈々”という前代未聞のコラボによるOPも熱い!燃える!カッコイイ!
3作品の主題歌の中で今のところ一番のお気に入りですv

キャラデザは『D.Gray-man』星野桂先生による原案。ヒロインのショーコはかなり好みです!(もっとイチャイチャ成分を…)
キャラはかなり多いので、(分割)2クールらしい尺の中でこれだけの人数をどう動かすのか…という点には、期待と不安の両方を感じています(^^;)


以上、主観99%で整理してみましたw
未視聴の方が興味を持つきっかけになると嬉しいんですけど…って、ちょっと長過ぎましたかね(^^;;)


関連サイト
アニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』OFFICIAL SITE
『翠星のガルガンティア』アニメ公式サイト
TVアニメーション『革命機ヴァルヴレイヴ』公式HP

関連エントリー
拍手返信(~2013/04/16)

テーマ:2013年春アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/379-1827d4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック