たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第14~16話「俺が彼女に告白なんてするわけがない」「俺の妹がこんなに可愛い」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」
8月18日に世界同時公開でweb配信された、アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の完結エピソード。

リアルタイム視聴はできませんでしたが、公式サイトでのオンデマンド配信(9月1日昼までの期間限定)でじっくり鑑賞しました(^^)

感想は3話まとめて。お蔭で記事タイトルが凄いことに…(^^;)
(以下ネタバレ有りですので未視聴の方はご注意下さい)
ここまでの流れ(特に9話以降)から薄々察しはついてはいましたが、京介が選んだ相手は桐乃
メインヒロインは桐乃ですので至って真っ当な着地点…と思えないこともないですが、アニメ1期開始当初はまさか実の妹とガチで恋愛する話になるだなんて考えもしませんでしたのでやっぱり意外な展開ですね~

桐乃はストーリー上のヒロインであって恋愛ヒロインではないと捉えてたというか、京介がシスコンで桐乃がブラコンでもそれが恋愛感情にまで発展するとは思ってなかったというか…
そもそも『俺妹』のストーリーって不仲の兄妹が「人生相談」を橋渡しに和解するお話だと思っていましたし、ましてや実の妹ですからね。麻奈実の「気持ち悪い」発言じゃないですけど、“桐乃ルート”の外堀が徐々に埋まっていく雰囲気に違和感を覚えていたというのが正直なところです(^^;)
「えっと、妹…だよね? 血の繋がった…」みたいなw

何にせよ、黒猫エンドをちょっとだけ夢見てたほのかな希望は、14話の開始8分で終わりました…
直前の回想パートのイチャイチャは見てるだけで火照っちゃうアツさだったのに、そこから一気に空気を冷却する「俺はお前と付き合えない」の一言orz
あんなに大好きだったあやせからの思いがけない告白をきっぱり断った時点で覚悟はしていましたが、それでも11話以来の保留が解かれるのは京介と桐乃の関係に動きがあってからだと思っていましたのであまりのあっけなさに呆然です…

「私の初恋を粉々に打ち砕いた貴方なら…」
京介への想いが詰まった「DESTINY RECORD」をビリビリに破り捨てる黒猫が痛々しくて、見るに堪えません…
そのまま感情を封じ込めて身を引くのかと思いきや、一転して号泣!
これはキツい…(´;ω;`)
最後は気丈に復讐の天使・闇猫へとクラスチェンジして立ち直りを見せましたが、立ち去る後ろ姿はふらついていてショックの程が窺われますね『アマガミ』のテキタイ落ちを思い出しました;)

結局、黒猫が望んでた「理想の世界」というのは何だったのか…割り切れない部分も残りましたが、聖夜の街の空気を震わせた大音響の「俺は妹が好きだぁ!」には噴いたw 何という公開処刑ww
こういうノリこそ『俺妹』だな~と思います(^^)
失恋の言葉を録音して残しておくなんてよく考えると切な過ぎですけど、ああすることで黒猫(改め闇猫)なりに吹っ切ることができたのかも知れませんねv
(京介はこの後もっと恥ずかしいセリフを公衆の面前で叫んでますので、フラれた意趣返しとしては功を奏してないっぽいですが^^;;)

まさかのプロポーズ成功で兄妹の“交際”スタート。
15話はAパートの加奈子の公開告白が印象的でした。タイミング的に消化試合みたいな扱いになってしまったのは実に不憫ですが、11話で京介に急接近した加奈子の想いもきちんと最後まで描いてもらえたのは嬉しいです(^^)
失恋してもスパッと気持ちを切り替えてメルルに戻るところなんかは加奈子のプロ意識が出てますよね。頑張れカナカナちゃん!
性格がさっぱりしてる加奈子のことですので、フラれたって京介に対する接し方は今まで通り変わらないんじゃないかと思ったり。そうだったらいいな~という、願望交じりの妄想ですが(^^;)

アニメ1期のTV最終話(12話)の描写が意味深だった桐乃のアルバムの中身は「大好きなお兄ちゃんの写真」。
この写真が実は二人に血の繋がりが無いことを示すもので…という大逆転展開もなく、義理の兄妹という安直ですが安心できるオチはここで否定されちゃいましたね;
(これって意図的なミスリードだったんでしょうか…)

そして、先日の13話でラスボス化した麻奈実との「最終決戦」。
怒りのボディブローにはビックリしましたが、麻奈実だって聖母じゃないのであの場面で感情を爆発させるのは当然の反応かと(^^;)
正論を述べる麻奈実の方が悪役みたいな扱いになってるのは何とも不条理で、しかもこれって自分から憎まれ役を買って出てるように見えるんですが…

京介のことが好きという告白は本心なんでしょうけど、だからって京介を取られたくない一心でああいう言葉を桐乃にぶつけてるんじゃないと思うんですよね。だって、黒猫の時は反対するどころか完全に見守りモードでしたし…
桐乃に対してだけあんなにムキになるのは桐乃が嫌いだから(…というのも多少はあるのかもですが^^;)ではなくて、大好きな京ちゃんに不幸になって欲しくないという気持ちが一番にあったんじゃないでしょうか。
でも、その気持ちは京介に届きませんでしたね…完全に夫婦ってくらい以心伝心で仲睦まじく見えた二人の関係がこんな形で壊れてしまうなんてorz

その上やりきれないのが京介と桐乃の恋人関係が“卒業までの期間限定”だったこと。麻奈実との衝突は何だったのかって思っちゃいますよね;
麻奈実の正論に対して「お前は正しくて俺達は間違っている」とまで認めた京介が、どうして事情を明かさずに突っぱねたのか…
例えば、麻奈実が「ケンカしに来た」のが卒業式の翌日だったとしたら一体どうなってたんでしょうか;;

京介を想っていたヒロイン達が(桐乃も含めて)誰一人として報われないというエンディングは、ちょっと割り切れなくてモヤモヤ…
「原作と違う」という反応は見かけませんので、アニメに先立って完結した原作も同じ終わり方なんでしょうね。
そこまでして兄妹間の恋愛を描きたかったの?というのは野暮な疑問なんだと思いますが、冒頭でも書いた通りそういう方向性でストーリーが進むとは当初考えてなかったので戸惑いはあります(^^;)

コメディに徹するなら京介と桐乃の関係は「もう結婚しちゃえよ」とネタにしたくなるくらいの仲良し兄妹にして、恋愛要素はそれぞれの想像に委ねたマルチエンディング…というのが綺麗な落としどころだったのではと思ってしまったり;
そういう意味で、各ヒロインとのifルートを搭載してるらしいPSPゲームはかなり楽しそうですね~(^^)

色々と書いてしまいましたが、総括すると1期から最後まで大いに楽しませてもらいました♪
原作からカットされた部分も結構あるらしいので、1期も2期も2クールずつ使ってじっくり見せて欲しかった…という思いはありますが;
(2期ではOPでしか目立たなかったゲー研の面々とか^^;)

(追記)
モヤモヤを感じた点に関して、「アニメを見て感想を書くよ!」のぱっくさんの感想がまさに「我が意を得たり!」でした(あらすじの後の感想部分)
言いたかったことを代弁してくれている文章として、関連記事にリンク追加させて頂きます(^^)


関連サイト
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』アニメ公式サイト

関連記事
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #14~16【最終回】-アニメを見て感想を書くよ!
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第14話の感想-徒然趣味ブログ
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第15話の感想-徒然趣味ブログ
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第16話の感想-徒然趣味ブログ

関連エントリー
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第3話「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第5話「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第7話「俺と後輩が恋人同士になるわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第8話「俺が後輩とひと夏の思い出を作るわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第9話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない!」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第10話「俺の妹がウェディングドレスを着るわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第11話「一人暮らしの兄貴の部屋に妹たちが押しかけるわけがない」
アニメ感想 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第13話「妹(あたし)が兄(あいつ)に恋なんてするわけない」
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の最終エピソードが世界同時公開されるわけがない?

テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/538-3c1e9652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック
切り札をきるタイミングを間違えましたね。
2013/09/04(水) 19:27:22 | 徒然趣味ブログ