たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#020「宿命の遺伝子」
このところ書いてなかった『マジェプリ』感想を久々に…

いつも通りネタバレ有りですので、未視聴の方はご注意下さい<(_ _)>
作品におけるポジションだったり作中の言動だったりで存在そのものが死亡フラグなのに、そのフラグをことごとく叩き折って生還してきたチームドーベルマンの3人。
登場当初のハラハラはどこへやら最近はすっかり安心してたところに前回ラストの衝撃展開…ウルガル側の幹部級に死者が出た時点で心の準備をしておくべきだったんでしょうかorz
1人生き残ったチャンドラが仲間の棺を見下ろして立ち尽くす今回のアバン(セリフ無し・BGM無し)が切な過ぎます…

イズルとの約束を守れなかったランディ日笠さんが大好きな勝さんの出番が 頼りになるアニキだったんですが…
タマキにプレゼントを手渡せなかったパトリック。天然キャラ同士でお似合いだと思ってたんですが…

涙腺がうるんでくる空気を「お腹いだい゛~」の一言でぶち壊してくれたタマキのザンネンぶりは流石と言うしかないですが(^^;)、その後の展開がシリアスもギャグもまとめて吹き飛ばす驚愕でした…
イズル達が“人工的に作られた存在”なのはこれまでにもほのめかされていましたが、彼らが同じ遺伝子から生まれた兄弟かも知れない…という可能性は全く想定してませんでしたね~

シモン司令とテオーニアさんの遺伝子が掛け合わせられたイズルのサラブレッドぶりも凄いですが、同時に色々と納得(^^;)
それよりも重要なのが、「あなた達は父親側のDNAが共通している」の「あなた達」が誰のことを指しているのかですね。イズルとアサギの2人だけが異母兄弟という意味なのか、それともチームラビッツの5人(6人?)全員が兄弟姉妹というファイブマン設定なのか…
もし後者だとすればケイのイズルへの想いは叶わない恋ということになってしまいますが、今回のケイとタマキの姉妹みたいなやりとりを見ると説得力を感じる可能性です。

ヒロインから母親キャラへと役割を変えたテオーニアさんも戦場に出ることになって、にわかに死亡フラグが…
イズルの体の変調も心配ですが、前回の特殊EDとは一転して明るい曲調だった今回のEDを信じたい!


(おまけ)
今回のED曲をOP(後期)の映像に合わせた動画↓



このままOPに使えそうなくらい違和感が無いですね~(^^)


関連サイト
アニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』OFFICIAL SITE

関連エントリー
今期スタートの「ロボット」アニメが熱い
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#009「開示」
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#010「狩るもの、狩られるもの」
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#011「オペレーション・アレス」
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#012「シークレットミッション」
アニメ感想 『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』#013「孤高のエース」

テーマ:銀河機攻隊マジェスティックプリンス - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/544-d74abcb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック