たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
『みつどもえ』振り返り語り2013
去る12月30日、当ブログと相互リンクして頂いている2つのブログにて奇しくも一つのコラボレーションが成立しました(シンクロニシティ!)

みつどもえ 2013年ベストエピソード3選-うっかりトーちゃんのま~ったり日記
プレイバック2013-みつごのたましい

2013年の『みつどもえ』のプレイバック&お気に入りエピソードのランキング!
迂闊にもその発想は無かったtaraは年末の慌ただしさもあって完全に出遅れてしまったのですが、両ブログの管理人様から「まだ遅くないよ!」と優しく誘って頂きました(^^;)
そんなわけで、臆面もなくお二人のコラボに割って入る次第…(ぉ)

2013年に雑誌掲載された『みつどもえ』のエピソードの内、taraのお気に入りを選んでランキング形式で発表してみます♪
「エントリー作品」とでも呼ぶべき2013年の『みつどもえ』全エピソードの紹介はのりぺぃさんの記事が詳しいのでそちらを参照して頂ければと思います(^^)

ランキングを「3選」にするか「ベスト5」にするか悩みましたが、ただでさえ取捨選択が難しいのに3本に絞るとか無理!ってことで「たらさいと」ではベスト5を採用します(^^;)
キャプ画像も無ければ文章も寸評程度の省エネ記事で恐縮ですが、ランキングは本気で考えました!(^^)
(画像1枚追加しましたv)
やみくもに考えても決められそうにないので、とにかく何か指標を設定して順序づけしなければなりません。
『みつどもえ』はギャグ漫画ですのでネタの面白さ(=どれだけ笑ったか)で判断するのも一つの方法ですが、『みつどもえ』の魅力はそれだけではありませんよね~
ギャグのキレキャラの魅力ストーリー性。三拍子揃ってこその『みつどもえ』だと思います♪

そこで、ランキングに際してもそういう観点から各エピソードを評価してみました(^^)

まずは5位から。
260卵性「そわそわ帝国」別冊チャンピオン11月号掲載)

のりお先生の本領発揮のサイレント回v
構成の巧さもさることながら、ひとはのエロピンチにドキドキさせられ通しでした(*^^*)
オチの意外性も強烈w

上位4本のラインナップは割とすんなり決まったんですが、最後の1枠はかなり悩みました…
惜しくも選を漏れたのは、別チャン8月号掲載の253卵性「Free!×3」1話の中にボトムレス少女が3人という狂ったシチュエーションの畳み掛けが『みつどもえ』らしさ全開w)と、別チャン10月号掲載の258卵性「ペアレンツの肖像」(オチまでの話運びが完璧な上にとにかくおがちんが可愛い!)の2本。

ネタだけで押すなら、256卵性「賭博輪投録 買い時」別チャン9月号掲載)や、250卵性「あの頃の俺はもういない?」別チャン6月号掲載)も切り捨て難いんですが…(^^;)

続いて4位。
246卵性「ありがとう! おともだちたち。」別チャン4月号掲載)

主演杉ちゃん/助演みっちゃんの黄金コンビによる、はっとさせられる友情ストーリー(^^)
ネタを抑え気味にして感動的なお話を演出しつつ、最後にきっちり突き落とすのが『みつどもえ』流ですw

3位は…
248卵性「黒子のゴールマン」別チャン5月号掲載)

良エピソード揃いの「ひとはの運動神経どうにかするシリーズ」の中でも特にお気に入り回となったのがこのお話。ひとはのぎこちない奮闘の一部始終にニヨニヨです(^^)
赤面→「むっふぅー」のコンボの威力は3ポイントシュート級♪(ポートボールにそんなルールない)

2位!
245卵性「テガミダチ」別チャン4月号掲載)

SSS隊の活動を文字通り朝から晩まで観察できる、まさにSSS隊ファン御用達のエピソード♪
隊内の人間関係の危うさまで垣間見れて、ストーリー面でも大変見応えのある回です(^^)

序盤のおがちんの奇行がラストで予想外のオチに繋がる神懸かった構成も素晴らしいですし、話のテンポもすごくいいんですよね~
おがちんのぶっとび具合をまざまざと伝える「どこの体液混ぜよ~?」「じゃあん♬ 皮ーっ」 とか、妙に耳に残る「おがちん すごい灯油のニオイする…おがちん…」 とか、もうセリフ回しもキレキレ!(^^)

そして何よりおがちんが徹頭徹尾可愛いのが、おがちんスキーにはポイント高いです♪

さて、いよいよ栄えある第1位。
ベタ褒めの「テガミダチ」を抑えての2013年tara的ベスト回は…

244卵性「風邪のシレン」!(別チャン3月号掲載)



三つ子の三者三様の風邪のひき方が面白いw
テンションおかしいひとはが可愛い♪

読んだ当初の感触では同じ号に掲載の243卵性「チョコレート霊魂」さっちゃん無双w)の方がツボだったんですが、読み返すにつれてジワジワと…(^^)
ネタの連鎖が実に美しいんですよね。冒頭の「仮病確定」になるくだりとか、「負のスパイラル」にハマったみっちゃんの試行錯誤から“変則二人羽織”に繋げる流れとかv

そして、「魔法使いになって幾年月」様のこちらの記事(↓)を読んで、ますますこのエピソードを好きになりました♪

ひとはの本当の姿~桜井のりお『みつどもえ』244卵性「風邪のシレン」から想うこと-魔法使いになって幾年月

目からウロコのレビューでした。単純に「ひとは可愛い」なお話じゃなかったんですね~
無邪気で無防備な言動と表情にゴロゴロと萌え悶えるだけだったのが、そこから浮かび上がるひとはの本質にウルッとなったりキュンとしたり猛烈に抱き締めたくなったり…
これも一言で言い表すと結局「萌える」になるんでしょうか(^^;)

ギャグ、キャラ、ストーリー。
三方向に死角が無い、とても完成度の高いエピソードだと思います♪


以上、やや駆け足ではありましたが2013年の『みつどもえ』エピソードベスト5(たらさいとver.)でした。
2014年もやってみたいですね~(^^)


関連記事
みつどもえ 2013年ベストエピソード3選-うっかりトーちゃんのま~ったり日記
ひとはの本当の姿~桜井のりお『みつどもえ』244卵性「風邪のシレン」から想うこと-魔法使いになって幾年月
プレイバック2013-みつごのたましい

関連エントリー
漫画感想 『みつどもえ』241&242卵性(別冊チャンピオン2月号)
チャンピオン10号雑感 桜井のりお先生入魂の『浦鉄』20周年お祝い出張版『みつどもえ』
漫画感想 『みつどもえ』243&244卵性(別冊チャンピオン3月号)
漫画感想 『みつどもえ』245&246卵性(別冊チャンピオン4月号)
漫画感想 『みつどもえ』247&248卵性(別冊チャンピオン5月号)
漫画感想 『みつどもえ』249&250卵性(別冊チャンピオン6月号)
漫画感想 『みつどもえ』251&252卵性(別冊チャンピオン7月号)
漫画感想 『みつどもえ』253&254卵性(別冊チャンピオン8月号)
漫画感想 『みつどもえ』255&256卵性(別冊チャンピオン9月号)
漫画感想 『みつどもえ』257卵性(別冊チャンピオン10月号)
漫画感想 『みつどもえ』258卵性(別冊チャンピオン10月号)
漫画感想 『みつどもえ』259&260卵性(別冊チャンピオン11月号)
漫画感想 『みつどもえ』261&262卵性(別冊チャンピオン12月号)
漫画感想 『みつどもえ』263卵性(別冊チャンピオン1月号)
漫画感想 『みつどもえ』264卵性(別冊チャンピオン1月号)
『みつどもえ』第13巻の特典、準コンプ!
『みつどもえ』うろ覚え語り

テーマ:みつどもえ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/669-411f5996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック