たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
漫画感想 『実は私は』第61話(チャンピオン21+22号)
コミックス最新第6巻の発売にプラスして、長らく単行本未刊行だった増田先生の初期作品『透明人間の作り方』も同時刊行!
…を来月8日に控え、今週の『実は私は』はセンターカラー♪

久し振りに感想を…って、本当に久し振りで我ながらビックリ(^^;)
華恋さんは(堕)天使!

文字通りなので異論は出ないはずw
萌えの最上級的な文脈で「~は天使」と言うことはあっても、こんな風に不憫さを感じながらこのフレーズを使ったのは初めてです(^^;)

まさか白神さんが呆れる側に回るほどのアホっ娘が現れるとはw
いい人(まさに天使…)なのに、まるで報われないのが可哀想過ぎますね~(^^;)
対照的に悪気100%のちゃんはむごい…まさに悪魔の所業(^^;;)

親父さん達の昔話も聞けて楽しい回でした♪
学生時代のストーリー、もっと読みたいですね(「エピソード0」的な^^)


関連エントリー
漫画感想 『実は私は』第27話(チャンピオン36+37号)

テーマ:実は私は - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/765-c2f4a6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック