たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『TARI TARI』第5話「捨てたり 捨てられなかったり」
和奏の過去の掘り下げがメインだった『TARI TARI』第5話。
先週の予告の映像から「バドミントンしたり 乗馬したり」を想像していたら、予想外に重たい話が;;
冒頭は予告通りバドミ(略称w)の試合会場。コートの戦況よりも客席の応援が気になりますw
いつの間にかすっかり仲良くなってる来夏とウィーンのコンビには笑わされたり和まされたり(^^)
来夏と紗羽のダンスは是非フルバージョンが見たいですね。ノリノリな上に息もピッタリで無駄にレベルが高いダンスでしたが、一体どれだけ練習したのやら(^^;)

紗羽と田中は何だかいい雰囲気?
恋愛フラグまでは行きませんが、夢を持つ者同士の親近感みたいなものが芽生え始めてるような気がします。
敗戦後の田中を正面から励ますのではなく「泣いてる?」と茶化し気味に接する紗羽さん。距離のとり方が絶妙ですね~(^^)

どんどん打ち解けていく4人とは対照的に、一人考え込んでしまっている和奏。
「和奏がケーキで釣られないなんて…!」というのは冗談にしても、前回までの和奏なら押し切られて誘いに乗って(乗せられて)たはず。お母さんへのやりきれない思いが音楽との溝を深めてしまってますね…

和奏の辛い過去には敢えて触れないことにして(お母さんの手紙のモノローグと無音の回想シーンを重ねる演出は切なかったです)、今の気懸かりは二つ。「マスコットの行方」と「ドラの安否」です。

お母さんの形見の品であるクジラのマスコット。和奏は思い出を断ち切るように捨ててしまいましたが、ピアノが運び出される前にお父さんが見つけて保管している…という展開を期待したいです。
この先きっと和奏はお母さんの思い出と正面から向き合えると信じてますし、その時に思い出の品が何も無いというのは切な過ぎるので…

そして、いなくなってしまった愛猫ドラ。このタイミングでのペットロスはキツ過ぎますね…
今後OPを見るたびに悲しくなるなんて絶対に嫌ですし、ドラには元気に戻って来てもらわないと…!


関連サイト
アニメ『TARI TARI』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『TARI TARI』第1話「飛び出したり 誘ったり」
アニメ感想 『TARI TARI』第2話「集ったり あがいたり」
アニメ感想 『TARI TARI』第3話「振ったり 出会ったり」
アニメ感想 『TARI TARI』第4話「怒ったり 踊ったり」

テーマ:TARI TARI - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/85-687c17fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック