たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
このキャラに夢中♪ ~見崎鳴~
昨日の記事に続き、“前期終了アニメでハマったキャラクター”について色々と書いてみます。
ネタばらし(ネタバレ)は無しです。

2人目は『Another』見崎鳴
鳴ちゃんきゃわわ♪
『Another』は原作小説を先に読んでるので(taraは綾辻行人先生の大ファンです^^)、厳密に言うと鳴ちゃんは“前期終了アニメで知った(好きになった)キャラ”ではないですね。
原作小説の鳴ちゃんも、それはもう可愛くて…恒一と鳴ちゃんの会話シーンは読んでるだけニヨニヨできました(^^)
(それでも読みながら「『Another』のアニメ化」という考えは夢想だにしなかったので、P.A.WORKSの堀川プロデューサーに『Another』を紹介したという姪御さんにはとにかく感謝…)

原作小説に挿絵は無いので、アニメ化されたことでビジュアルを得たというのは大きいと思います(漫画版の存在はアニメの放送があるまで知りませんでした^^;)
しかも、キャラデザの原案がいとうのいぢさん!
長門さん、ヴィルヘルミナ、ヘカテー、みんな好きです(^^)
「キャラクター原案いとうのいぢ」の文字を最初に見た時のテンション上がりっぷりは半端なかったですねw
作監の石井百合子さんの名前はそれまで知りませんでしたが、のいぢ絵の魅力を残しつつ作品の雰囲気にフィットさせたようなキャラデザはすごく好みです(^^)

いとうのいぢさんのデザイン


石井百合子さんのデザイン

(追記)画像をより見やすいものに差し替えました。

アニメなので、声も当然つきます(^^)
鳴ちゃんのCVを担当した高森奈津美さんは「どこかで名前を見たような…」というくらいしか知りませんでしたが、アニメでの第一声を聴いた時から自分の中のイメージとしっくりフィットv
第1話の「サ、カ、キ、バ、ラ、君」も、2話の「見せてあげようか?」も、聴いていてゾクゾクしました(^^)
鳴ちゃんの一番の魅力は“ミステリアスな雰囲気”と“意外にお茶目だったり饒舌だったりする性格”とのギャップだと自分は思ってますが、高森さんはその両方の演じ分けが素晴らしかったです…

柑菜は表情豊かな所が可愛いと昨日書きましたが、無表情がデフォルトな鳴ちゃんの場合はちょっとした表情の変化が可愛いです(笑顔とか、きょとんとした表情とか、驚いた顔とか…)
そして、表情の変化の乏しさを補って余りあるのが何気ない仕草(^^)
とててっと階段を駆け上がったり、サンドイッチをもぐもぐ食べた後で指をペロッと舐めたり…数え上げればキリがないですが、イチオシを挙げるならアレですね。第5話の「今日は特別に認めます」のシーンv
視聴済みの方は思い出してニヨニヨして下さいw
未視聴の方は騙されたと思って第5話まで観てみて下さい(^^)

ビジュアル、声、表情、仕草。
原作には無かった要素を総動員してこんなにも可愛いアニメ版の鳴ちゃんを作り上げてくれた全ての関係者様に感謝♪


関連サイト
TVアニメ『Another』公式サイト

関連エントリー
このキャラに夢中♪ ~谷川柑菜~

テーマ:Another - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/9-22385e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック