たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.12「“たとえ天が堕ちるとも”-Childhood's End-」
分割2クールの前半が最終話を迎えた『アルドノア・ゼロ』

……(絶句)

衝撃の展開でしたね…
EDテロップが流れてる間ずっと呆然としてましたよ。

以下ネタバレ有りの感想となります。
感想記事は原則全てネタバレを含みますが(詳しくは「当ブログについて」で)、今回は特に注記…
ネタバレして欲しくないし、ネタばらしもしたくありません。未視聴の方は以下お断りということでお願いします<(_ _)>
衝撃の1期最終回。
続編を控えた中断前の引きとしては『コードギアス』の1期ラストを連想させられましたが(元々キャラ関係がギアスっぽいこともあって^^;)、来るべきものがついに来てしまって「どうなる!?」という幕切れだったギアスと違ってこれは完全に想定外の展開…
そういう意味では『凪のあすから』の前半ラストに近いかも。

分割ではなかった『凪あす』は年をまたいですぐ後半クールに入りましたが、『アルドノア』の後半は2015年1月から…
ギアスの「R2」のようなシビれる幕開けになるのかどうか判りませんが、とにかく待ち遠しいですね~(^^;)

主人公もヒロインも死亡…いや、生存の可能性はまだありますよね?
ストーリー原案の虚淵玄さんが公式サイトのインタビュー(こちらで読めます)で「二人の少年の関係性の物語」という表現をされているのを読む限り伊奈帆がここで退場するとはちょっと考えにくいですし、アセイラム姫にしても10話で命を取り留めさせておいてすぐにまた死なせるというのはプロットとして不自然なのでは…と、メタな見方をしてみたり(^^;)
アルドノアの起動因子の問題もありますし…

スレインはどうしてアルドノアドライブを動かせたのかも謎。
姫とのキス(人工呼吸)が「主従の契り」に当たるのなら伊奈帆にも既に力が貸し与えられている可能性がありますが(本人の意思に関係なく「契り」が成立するとして)、その伊奈帆が死んでしまっては…

これまで感情をほとんど表に出さなかった伊奈帆が姫様にはっきりと好意を持っていたと判る、言葉以上に雄弁な走馬灯。感動的でしたが切なかったですね~
どちらも生きていて欲しい…!

ロボットアクションについても視聴中に色々思ったことがあったんですけど(特撮の再生怪人が弱い理由が少し判った気がw)、ラストが衝撃的過ぎて全部吹っ飛びました(^^;)

今回のサブタイトル「たとえ天が堕ちるとも」は、OPの最後に映る英文「LET JUSTICE BE DONE, THOUGH THE HEAVENS FALL.」 の後段ですよね。
前段に対応するサブタイトルは後期の最終話で…?


関連サイト
『アルドノア・ゼロ/ALDNOAH.ZERO』公式サイト

関連記事
アルドノア・ゼロ 第12話「たとえ天が堕ちるとも -Childhood's End-」 キャプ付感想-空と夏の間...

関連エントリー
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.05「“謁見の先で”-Phantom of The Emperor-」
アニメ感想 『アルドノア・ゼロ』EP.06「“記憶の島”-Steel Step Suite-」

テーマ:ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/920-7fa544e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック