たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
「たまこラブストーリー」をDVDで再鑑賞
先日届いたDVD「たまこラブストーリー」を鑑賞して、やはり傑作だと改めて確信(^^)

語彙が貧困な自分には褒めちぎることしかできませんが、一人でも多くの方に観てもらいたい作品ですv
『たまこまーけっと』を観てる方が感慨も大きいのは確かですが、TVシリーズ未見でも1本の映画として楽しめるつくりになっています)

DVDを開けてすぐに1回観て、さらに音声をキャストコメンタリーに切り替えてもう1回…
今はスタッフコメンタリーを聴きながらこの記事を書いています(^^)
ノベライズで“舞台裏”もあれこれ知った上で改めて観ると、映画館で観た時とは印象が変わるところも多いですね(特にみどりちゃんのセリフや表情…)

そんなわけで、DVDでの再鑑賞の感想というか感じたままを雑多に書き連ねてみたいと思います。
作品に対する感想は既に公開当時に書いてますので(ネタバレ無しがこちら、ネタバレ有りがこちら)、今回は映画館では気づかなかった点を中心に…

あまり形式にはこだわらずに気楽なスタンスで書くつもりですが、内容的には思いっ切り映画のネタバレ有りになりますので未視聴の方はここでUターンお願いします<(_ _)>
(なお、ノベライズのネタばらしはしませんv)
映画館と同様、まずは「南の島のデラちゃん」からスタート(^^)

・餅つきをするモチマッヅィ
仲睦まじくて和みますね~
チョイちゃんとメチャ王子のその後については、前述のノベライズ版のオリジナルストーリーでしっかり描かれています(宣伝^^)
TVシリーズの構成と映画の脚本を担当された吉田玲子さんの監修なので、オリジナルとはいえ立派な続編。ニヨニヨ必至の後日譚ですv

・妄想アフレコ
デラさん視点の適当アフレコw
でも、羽根をもらったたまこちゃんの「大事にするね」のくだりは実際のやりとりに忠実っぽいですね。数分後に本編のOPで大切に(?)飾られてるのを確認して安心(^^)

・「王子もこのようなものがお好き…?」
この時チョイちゃんがショックを受けたのは王子への幻滅なのか、それとも自分(の胸)では王子の「大好き」に応えられないことへの無意識レベルの敗北感なのか…(^^;)

そして、「たまこラブストーリー」本編♪

・「By always thinking unto them」
冒頭の英文。さらっと見過ごしていた一文ですが、スタッフコメンタリーでの山田監督の解説で「成程!」と感動(^^)
「年がら年中そんなことを考えていただけ」というニュートンの有名な言葉がもち蔵の恋心やたまこちゃんのおもち好きを象徴してて、それがリンゴのモチーフや地球と月の引力の喩えに全部繋がってたんですね~

・「誰も気づいてないだろうけど…」
キャストコメンタリーでも触れられてましたが、総ツッコミですねコレw
そんなバレバレの恋心だっただけに、成就したと判った時の周囲の反応が楽しみです(*^^*)

・OPでのキャラ紹介
名前のテロップのアンダーライン(?)が糸電話のデザインになってるのは気づいてましたが(たまこ&もち蔵のホットライン^^)、二人の後のキャラ紹介では糸電話のコップ部分がそれぞれのキャラのモチーフっぽいアイテムの形なんですね。
あんこちゃんはアンモナイトの渦巻きで、みどりちゃんはバトン。
史織さんは飛行機マーク。海外留学への伏線ですね(^^)

・「思い出を作りたいのです」
かんなちゃんが真剣な顔でこんなこと言ってきたら、一も二もなく手を握って「家たてて」ってプロポーズします(ぉ)

・バトン部の新入部員
この子って、めっちゃ見てますね…かんなちゃんのことw
「好きなものコール」でもしっかり「先輩♪」って叫んでますし(^^)

・お尻もち
歯ごたえ良さそうなかんなちゃんのお尻もちの商品化を!(ぉ)

・「ただいま~」
商店街の入口で「ただいま」って言うところがたまこちゃんらしいですよね(「おかえり」と声掛けられてではなく自然に^^)

・クリスマスパーティー
「星とピエロ」に飾られてた写真。
TVアニメでは描かれなかったエピソードですがOVAとかで観てみたいですね(^^)

・糸電話を投げ返すあんこちゃん
力一杯投げ返してるのに全然届かないのが可愛いですよね~
…と思ってたらキャストコメンタリーでも同じ話題が(^^)

・あんこちゃん早着替え
こちらはスタッフコメンタリーで盛り上がってましたw
しゃがんでフレームアウトした直後にはタオル巻いてますもんね(^^;)

・トイレの前で
このシーンのみどりちゃんの心情をノベライズで読んだ後なので、セリフの一つ一つにハッとさせられます…
ネタばらしになってしまうので詳しくは書けませんが;

・「トイレ間に合わんかったか。可哀想に…」
映画館で思わず笑ったシーンで一番記憶に残ってるのがココですw
コメンタリーでも話題になっていましたが、果たして冗談なのか天然なのか…(^^;)

・鴨川の告白シーン
何度見てもブルッと震えが走る名シーンv
もち蔵のキリッとした顔が男前ですよね。ここと、あと救急車のシーンのもち蔵が好き(^^)

・「かたじけねぇ」&「やっちまったー!」
パニックたまこちゃんと、後悔モードのもち蔵。
ゴールを見届けた後に見返すと、ただただ微笑ましいですね(^^)

・釘スランプ
小学生かんなちゃんの顔が見れなくて残念…

・おもちが喋った
この時に励ましてくれたのがお父さんではなくもち蔵だったと判る展開が後に控えているわけですが、今見ると手のサイズが明らかに子供だったことを発見。さりげない伏線です(^^)

・「上手に受け止められなくて。バトンと、それから…」
バトン、糸電話、もち蔵の想い。
TVシリーズから描かれてきたモチーフがここに来て繋がる構成がもう鮮やかと言うしかありませんね~

・「帰って来いよ」
以前の感想では書き切れませんでしたが、病院の豆大さんともち蔵の会話シーンがすごく好きで(^^)
たまこちゃんにもツンデレだった豆大さんがもち蔵に初めて“デレた” 瞬間であり、豆大さんと吾平さんの絆を感じさせる一幕でもありますよね♪

・「なかったことにして下さい」の実演
アドリブで寸劇をするかんなちゃんと史織ちゃんの阿吽の呼吸がグッと来ます(^^)

・メカルドニア
もち蔵への想いを自覚し始めるたまこちゃんを複雑な表情で見つめるみどりちゃん…の足下で咲いていた黄色い花。
これはキャストコメンタリーを聴いて初めて知った話ですが、この花はメカルドニアという花で、その花言葉は…!
ここでそれを書くのは野暮な気がするので、是非お調べ下さい(^^;)

・「見直した」
重みのある一言ですね。ノベライズを読むと一層…(ry
この後たまこちゃん達に合流した時の「お待たせ~」がもち蔵と会話中の声のトーンと全然違うのが切ないですよね~

・セーラー服あんこちゃん
『たまこまーけっと』2期楽しみです♪(希望)

・オートリバースでB面再生
展開そのものはありがちですが、TVシリーズからの布石がここで!という周到さが堪りませんね。シビれました(^^)
あと、ひなこさん可愛い♪

・「私、明日からお店戻れる」「そっか」
ここのやりとりのあんこちゃんが大人っぽくて好きです(^^)

・みどりちゃん渾身の嘘
たまこちゃんの背中を押す最後の一押し…
後ろ手に組んだ手を握り込む描写が胸にチクッと刺さります(´;ω;`)

・「私も高いとこ登ってみますかね」
みどりちゃんを励ます意味も込められたかんなちゃんの木登り挑戦。「私も」という言葉にもかんなちゃんの気持ちが表れてますよね~
木の上で春の風に撫でられてふっと緩む表情が堪らなく素敵♪
ちなみにこのカット、特典の絵コンテには「悪くないもんですな」という心の声(?)が書き込まれています(^^)

・京都駅
駅の近代的な景観は『たまこまーけっと』の世界から浮いていた気もしますが、これから新しいステージに進む二人が第一歩を踏み出す場所にはピッタリだったかも…みたいなことを考えていたら、まさにそういう意図があったとスタッフコメンタリーで語られてました(^^)

・プラットホーム
音がすごくリアル。
たまこちゃんがもち蔵を呼び止める辺りから、何度観ても目頭が熱くなります…

・糸電話キャッチ
一旦たまこちゃんが慌てて糸電話ごと投げちゃって、そこからもち蔵が「わたし」のコップを投げ返す…このプロセスがいいですよね~(^^)
アニメ史に残る告白シーンだと思います♪

…以上、まとまりの無い雑感でした(^^;)

コメントした項目はDVD1回目の視聴の時に書き出したのがほとんどですが(後から付け足したのは冒頭の英文の件とメカルドニアの話くらい)、その後で再生したコメンタリーと重なる内容がかなり多かったですね~
かゆい所に手が届く、手厚いケアの音声特典です(^^)


関連サイト
TVアニメ『たまこまーけっと』公式サイト
「たまこラブストーリー」公式サイト

関連エントリー
「たまこラブストーリー」観に行きました♪
アニメ感想 『たまこまーけっと』劇場版「たまこラブストーリー」
このキャラに夢中♪ ~牧野かんな~
ノベライズ「たまこラブストーリー」買いました
ノベライズ「たまこラブストーリー」読みました
「たまこラブストーリー」DVD 届きました&観ました

テーマ:たまこまーけっと - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/953-e073f367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック