たらさいと
視聴中のアニメの感想を中心にあれこれとマイペースにつぶやくブログ。ツイート以上、レビュー未満。
アニメ感想 『ワールドトリガー』第4話「A級5位・嵐山隊の木虎藍」
先週は『ワールドトリガー』だけお休みだったテレビ朝日系列の日曜朝枠ですが、今週はその逆…
今週は放送あり♪ TVアニメ『ワールドトリガー』第4話の感想ですv
今回はOP無し?と思ったら、Aパート終了のタイミングでOP突入。
構成の意図はよく判りませんが、イルガーが登場する直前でOPに入る流れはいい感じでした(^^)
理想を言うなら今回のAパートの大半(キトラの校門お出迎えまで)は前回の内容に収めて、OP前の下校シーンを今回のアバンに使えると良かったんですが…(やっぱり第1話は少し間延びし過ぎでしたし^^;)

ともあれキトラ回と銘打たれた今回ですが、イルガーとの戦闘は始まったばかりなのでキトラの本領発揮はむしろ次回(の前半)かも?
ツンデレっぽかったりユーマに図星を指されてうろたえたり、高飛車なだけの嫌なコじゃないことは十分にアピールされてましたね(^^)
というか、「トラ」じゃなくて「キラ」なのね;;>アクセント

キトラ達のポジションの紹介があったので、原作未読の視聴者向けにボーダー隊員のポジションを勝手に解説…
不要な方は読み流して下さい;(もしくは「ワールドトリガー ポジション」でググればもっと的確で判りやすい紹介ページが見つかるかと^^;)

戦場に直接出ないオペレーター(前回声のみ登場の綾辻さんは嵐山隊所属のオペレーター)やエンジニア(兵器開発等の担当)を別にすると、ボーダーの隊員は戦闘時の間合いの遠近に応じて以下の4タイプに分類されます↓

攻撃手(アタッカー)
近距離タイプ。
いずれ作中でも紹介されますが、キトラが使うスコーピオン(形を自由に変えられる刃状トリガー)やオサムが使うレイガスト(盾としても使える防御重視の重装トリガー)が攻撃手用トリガーになります。

銃手(ガンナー)/射手(シューター)
中距離タイプ。
銃型トリガーを使うのが銃手、トリオンの弾丸を直接飛ばすのが射手という区分。銃型トリガーは精度が高い反面あらかじめ銃に込めた弾丸しか撃てないので、攻撃パターンは射手の方が豊富です(^^)

狙撃手(スナイパー)
遠距離タイプ。バスターガンダム的な支援ポジションです。
スコープ付きのライフル型のトリガーを使用。OPには狙撃手が 4人5人映ってますね(^^)

万能手(オールラウンダー)
正式な定義は原作の作中でも説明されていませんが、上記の3タイプを混合した戦法をとる隊員の総称と思われます。
(不正確な点があったので訂正と補足。「近・中距離に両対応するのがオールラウンダー」です)
攻撃手用トリガーと銃型トリガーを併用するキトラは近距離万能手、キトラより大きめの銃を肩から提げている嵐山隊長や時枝先輩は銃メインの戦闘スタイルなので中距離万能手ですね。

ちなみに原作コミックスの第7巻にはYES/NO形式の質問でポジションの適性を診断するチャートが載っています(^^)

A~C級の階級についてはキトラが解説した通りですね。A級隊員の人数が約30人という設定は忘れてました(^^;)
原作で確認されているA級部隊が7位までで、各隊の編成が4~5人という感じなので計算は合います。もっと多いイメージでしたw
(葦原先生がQ&Aで「現在A級が8チーム」と回答されていたのを失念していました。訂正します^^;)

レプリカ先生の分身能力も登場。妙に可愛い声は田中秀幸さんのアフレコにエフェクト掛けてるとか?
オサムの襟の中に入り込むやりとりが何だか『寄生獣』っぽかったw(新一をメガネ君にした理由は未だによく解りません^^;)

イルガーの爆撃飛行は雰囲気出てましたね。昭和の怪獣映画チックで(^^)
次回はAパートでイルガーとの戦闘、Bパートでさん登場という流れでしょうか。楽しみ♪


関連サイト
東映アニメーション『ワールドトリガー』公式サイト

関連エントリー
アニメ感想 『ワールドトリガー』第1話「異世界からの来訪者」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第2話「近界民(ネイバー)とトリオン兵」
アニメ感想 『ワールドトリガー』第3話「三雲修の実力」
ジャンプ17号雑感 『めだかボックス』最終章(?)突入
『ワールドトリガー』第1巻、トリガーオン!

テーマ:ワールドトリガー - ジャンル:アニメ・コミック

トラックバック
トラックバック URL
http://tarasite.blog.fc2.com/tb.php/969-641d5412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバックについて ←初めての方はご一読お願いします。
トラックバック